暑苦しい自分ですが 空気だと思ってください

(写真)

溝端 清悟

Seigo Mizobata

スポーツ局スポーツニュース部 2007年入社 
担当番組:スポーツニュース S☆1など

Works

About my work

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

スポーツニュース『S☆1』の演出 & 陸上担当ディレクター
土日深夜のスポーツニュース番組『S☆1』で演出という仕事を担当しています。
野村克也さんがプロ野球を見ながら“ボヤいてる”番組といったほうが馴染みがあると思います。

基本的には、野球・サッカー・陸上・競泳 などなど その日にあったスポーツで取り上げる種目や、選手、どんなVTRを作るかを 決めていくのが私の役割です。

そして、東京オリンピックや世界陸上に向けて陸上競技の取材担当ディレクターも大きな仕事です。アスリートの長期取材を行い ドキュメンタリー番組を制作したりしています。

Positive part of my work

歴史的な瞬間 その一部となれること。
オリンピックのメダル獲得、日本人初の9秒台などなど
長く密着取材をしているアスリートの歴史的瞬間を目の当たりにしたときはたまりません。
選手だけではなく、コーチ、トレーナーたちと涙を流しながら喜びを分かち合うこともあります。

『暑苦しい自分ですが、空気だと思ってください』という自分のテーマ。
アスリートを密着する際、『暑苦しく』どこまでも追いかける。
アメリカであろうがヨーロッパであろうが。
良い結果を残しているときはもちろん、ケガで苦しんでいるときも。
凹んでいるときに取材すると絆が芽生えますね。
そして、アスリートにとって『空気』のように当たり前の存在に自分がなったとき『本音』をカメラの前で語ってくれるのだと思います。
そんな取材ができたときの VTRはやっぱいいですよね。

Negative part of my work

自分の思いと VTR制作 の 葛藤 です。
長く取材をして愛着のあるアスリートのVTRを作りたいという思いはディレクターなら誰しもが考えます。
それでもVTRには時間の制限があり、番組の色があり、視聴者の層も関係してきます。
マニアックなことを伝えたくても、視聴者に伝わらなかったら意味がありません。
陸上100mでいうと、
『ボルトはストライドに、桐生はピッチに特徴がある!』
その意味を女性は理解してくれるでしょうか?多分説明が少なすぎます。
これを限られた秒数で、限られた言葉で説明するのは大変です。

Schedule of one day

7:00

(写真)

起床

どんなに遅くても子供に起こされます

14:00

(写真)

陸上選手のイベントを取材

17:00

(写真)

S☆1年末企画の撮影 アスリートに企画説明

18:00

(写真)

撮影開始

カンペを出しながら進行

22:00

(写真)

帰社

眠い目をこすりながら 編集

26:00

(写真)

オンエア後はラーメン 食はストレス解消法

Outside work

(写真)

day off

基本的には 子供の世話をしています。
土日の番組を担当していることもあり、休みは月火です。
妻も働いていることもあり、基本的には休みの日は2歳になる息子と過ごしています。
オリンピックや世界陸上の出張では1ヶ月ほど、家を空けることがあるのですが子供が私の顔を忘れてしまうのではないかと、心配になります。

(写真)

college life

大学時代は商学部に所属 部活はサッカーをやっていました。
学部では経営学科でイノベーションマネージメントを専攻していました。
『企業が技術革新を持続的行うために何が必要か…』らしいのですが、今でもよくわかりません(先生に怒られそうです)
正直、今の仕事に生きているかどうかはわかりません。

そして体育会サッカー部に所属していました。
サッカーは大好きなのですが、サッカー担当になったことはありませんね。

Message

2020年、東京オリンピックに向けて日本中がスポーツに対する機運が高まっていくでしょう。
日本のスポーツ界のために、全力を尽くしてくれる方々待っています!

そして、私自身が最も重要だと思っているのは『2020年が終ったあと』 
オリンピック競技に灯った『火』を消さないために日本に“本物のスポーツ文化”が根付くために熱意をもって仕事をしたい方々。
その想いを 選考の過程でぶちまけてください。

(写真)