社員紹介

以和為貴
(和を以て貴しと為す)

イメージ

林三郎

Saburo Hayashi

報道局ニュース部 2001年入社
担当番組:「Nスタ」

Work

イメージ

About my work

夕方のニュース番組「Nスタ」で主に5時台を担当する編集長をしています。入社以来、ずっと報道局で仕事をしてまして、社会部では東京地検特捜部の担当記者を、政治部では小泉総理の総理番を皮切りに野党、自民党の国対、政調などを担当。その後、「筑紫哲也NEWS23」や「みのもんたのサタデーずばッと」など報道番組のディレクター等を経験して2015年からNスタで働いています。Nスタでは、放送の前日からに打ち合わせして、明日はどういったニュースを取り上げるか誰に取材や原稿をまとめてもらうかなどを決めて、番組の進行表を作成します。もちろん、当日に発生したニュースには積極的に食らいつき、なるべく最新の情報を視聴者の皆さんに伝えようと心がけています。

イメージ

イメージ

Positive part of my work

この仕事をしていなければ会えなかったであろう人に会うことができて、知ることもなかっただろうことを知ることができるのはこの仕事の醍醐味です。ニュースの現場に身を置いていると、時々、21世紀に残るような出来事に立ち会うことがあります。大抵、大変なことが多いですが、そのかわり、その時の経験は一生忘れないと思います。

Negative part of my work

精神的にも体力的にもタフであることが必要です。いろんなことを勉強しないといけないし、取材がうまくいかない場合もあるし、放送時間は待ってくれないし、放送内容でよそに負けたくないというプレッシャーもあるし、大きな地震があればすぐ出社しないといけません。うまくいかないことや失敗することもあります。でもめげずに頑張り続けることが求められたりもします。

Schedule of one day

イメージ

起床 すぐスマホをチェック

寝ていた時に何か起きていないか、スマホをチェックしつつ、起きます。
早朝の空の色を確認しつつ家を出ます。

イメージ

会社到着 朝刊チェック

会社に到着したら各局の朝番組を見つつ新聞に目を通します。
早番のADさんに、当日、気になる記事のコピーをお願いします。

イメージ

朝の打ち合わせ

各出稿部のデスクなどが集まり当日のニュースについて情報共有します。
その後、番組のディレクターと担当してもらうネタについて話をします。

イメージ

キャスター打ち合わせ

堀尾キャスターら出演者へ当日のネタの概要を説明します。
この後は、放送まで原稿をチェックしたりサイドスーパーを書いたりバタバタします。

イメージ

いざ放送

Nスタジオの副調整室でインカムをつけていざ放送です。
事故や事件が発生すれば突っ込みます。

イメージ

放送終えて

放送を終え、帰ったら夕飯食べて、お風呂上がりの子どもの髪を乾かし、だいたい一緒に寝てしまいます。
ただ、後で起きてテレビを見ることも。

Outside work

イメージ

dayoff

ほぼほぼ2人の子どもと遊んでいます。そして毎週、どこかしらへ出かけてます。時々、ゴルフに行ったりすることも。あと、子どもの時から大学入るまで続けていたピアノを時々、思い出したように弾いてます。

イメージ

college life

20歳のころ、何をしていたか?というテーマでいろいろな人にインタビューして本を作る、という活動をしていました。写真は糸井重里さん、フランス人ピアニストのエリック・ハイドシェックさん。当時はロン毛が流行ってたんですよね。思えば、こういうことをして楽しかったことが今の仕事をすることに繋がっていったんだと思います。

Message

報道の仕事は、実は「白鳥の脚」みたいな感じです。世の中から見ると華やかに見えるかもしれませんが、見えないところでは時間との勝負でバタバタしてるし、地味で大変な作業などを我慢してやらないといけないことがたくさんあります。一方で、世の中や人の役に立つことにもつながり、世の中で起きていることの最前線を見ることができる可能性もあり、やりがいのある仕事です。報道の仕事をしたいという若い方、大歓迎します。

報道

PEOPLE