社員紹介

小さい体で「なにくそ」精神

イメージ

井桁永介

Eisuke Igeta

情報制作局情報一部 2008年入社
担当番組:あさチャン!

Work

イメージ

About my work

あさチャン、遊軍班
7人のチームで日々起きるトップニュースを追いかけつつ、独自取材で他社よりも詳しく面白いニュースに向かって突き進む部署。手がけてきたのは熊本地震後の119番通報音声入手と病院内映像、あさチャンオリンピック統括ディレクター、都議会のドン・内田茂都議会議員のパーティ映像入手、小池都知事単独インタビューなど。番組を超えてニュース番組などでも放送されると、ちょっとドヤ顔。

イメージ

イメージ

Positive part of my work

「今すぐ現場に行って!」上司からの指示が出た瞬間、チーム一丸となって最速で現場に向かう。移動中もリサーチや原稿準備と休まるときはない。現場についた瞬間、誰も見たことがない状況についてリポート。間違えず、正確に。重圧から解放されると同時に得られる達成感がなによりものご褒美だ。

Negative part of my work

取材に専念する班のため、編集作業を各曜日の放送担当ディレクターに任せていること。現場で取材した思いや強調したいポイントなどがスうまく反映されないと寂しい。

Schedule of one day

7:30

イメージ

朝食

あさチャン見ながら朝ごはん

09:30

イメージ

会議

その日の取材方針を打ち合わせ

12:00

イメージ

ランチ

(体格いいDと一緒に大盛り注文)

14:00

イメージ

独自取材を狙ったり、事件取材に飛び出したり

21:00

イメージ

晩御飯

23:00

就寝

(と思ったら呼び出されて朝まで取材も・・・)

Outside work

イメージ

dayoff

2歳の長男と水族館に行ったり、動物園に行ったり、公園で遊んだり。最高の癒しです。逆に言うとそれ以外何もしていない。。。

イメージ

college life

高校では小さいくせにアメフト。大学では学生秘書をやりながらNPO法人の関東代表。文武両道というよりもやりたいことに何でも手を広げるタイプ。

Message

志望業界、企業、志望動機、すぐに結論を出すと失敗します。ひたすらに自分と向き合って何をやりたいのか考えて、悩み続けたうえで最終的にテレビ局を選んだ人こそがテレビ局に向いている人だと思います。

情報

PEOPLE