社員紹介

見えるところだけ
ちゃんとする。

イメージ

松田 エリザベス 玲子

Elizabeth Reiko Matsuda

ビジュアルデザインセンター デザイン部 2014年入社
担当番組:カウントダウンTV、名医のTHE太鼓判、徳川埋蔵金など

Work

イメージ

About my work

主に番組のセットのデザインをしています。
私は3年目ですが、入って1年間
「サンデージャポン」という番組で ADとして働いていたため、
ビジュアルデザインセンターではまだ2年目です。
2年目の間は主にカウントダウンTVで
音楽セットのデザインを行っていました。

イメージ

3年目に入ってからは、バラエティなどの
トークセットもデザインするようになりました。
はじめは深夜や休日昼間などの特番のデザインを
先輩に付いて学びながら行いました。
半年ほど前からバラエティなどのセットも
一人で担当するようになりました。

イメージ

ビジュアルデザインセンターでは、
セットのデザインだけでなく、
会社のイメージをデザインする
コーポレートデザインも行っています。
その中で私は紙袋や封筒、webページ
などのデザインをしています。
この採用サイトも私がデザインしました。
その他にも、ロゴや、ポスターなどの
グラフィックデザインもしています。

Positive part of my work

自分のイメージしたものが、たくさんの人の手によって具現化されるところ。自分の思った通りにセットが仕上がってきて、さらに照明が当たり、カメラを通して画面で見たとき自分の想像以上のものになる。その感じかとても面白いです。デザイナーのデスクが驚くほど広く、仕事がしやすい環境なのもありがたいです。

Negative part of my work

どんなに素敵なデザインを思いついても、予算内におさまらなければ変更しなくてはならないのが悲しい。単体としてのデザインだけでなく、照明がちゃんと当たるか、カメラでちゃんと撮れるか、安全なのか、そもそもこれは建つのか、などいろいろ考えるべき部分が多くある。そのデザインを思いついて作業を進められるのは自分しかいないというのがプライドでもあり、プレッシャーになることもある。

Schedule of one day

10:00

イメージ

テレビを見ながらあさごはん

朝は遅めです。
ゆっくりのんびり朝ごはんを食べます。

11:30

イメージ

会社到着、その日の作業

デザイナーには広いデスクと、1人1台Macが与えられ、
自由に使って作業をしています。
私はペンタブですが、マウスの人もいます。

13:00

イメージ

コンビニでなにか買って食べる

会社に入っているセブンイレブンのうま辛チキンが
好きすぎて、ほぼ毎日食べてます。
食堂もあるけど、デスクで食べることが多いです。

18:00

イメージ

発注。

この日は番組の発注があったので、各種業者さんを呼んで
発注をしました。模型と、設計図、図面を見ながら
セットの詳細を説明します。

20:00

イメージ

退社、寄り道ごはん。

会社の帰りに彼と銀座のインドカレーを食べに!
早く帰れるときは家で作って食べることもあります。
得意料理はカレーです。

24:00

イメージ

だいたいこれくらいに就寝。

帰って一本映画を見て寝ます。
あまり夜更かしは好きじゃないので
いつも23時〜1時くらいには寝ています。

デザイナーの仕事は、
一人で作業する時間が多いです。
早く終わってしまえばさっさと
夕方には帰ったり、
納得いくものが出来るまで
終電近くまで作業することもあります。
自分のペースで仕事が出来るのも
自分の性格に合っているように思います。

Outside work

イメージ

dayoff

休みの日は友達と飲みに行ったり、
ドライブが好きなので車で海や
温泉に行ったりしています。
冬は暇さえあればスノボに行きます。
夏休みなど5日以上の休みが取れるときは
ほぼ毎回海外に行っています。
今年の夏行ったスリランカは最高でした!

イメージ

college life

美術大学のグラフィックデザイン系の学部で
デザインを学んでいました。
とにかく不真面目な学生だったので、
課題提出も卒業もギリギリでした。
その代わり、趣味でphotoshopを極めたり、
芸祭では出した店のプロデュースを
全力でやっていました。

Message

自分の作品がテレビに出る。たくさんの人に見てもらえる。世界観を作る。そんなことが入社して1、2年で出来る仕事はそう多くないと思います。学生の間に、ポートフォリオの作品を増やすことだけでなく自分という人間が何が好きなのか、何が譲れないのか、自分とは何者なのか、じっくり自問自答してみてください。自分を理解し、言葉にしてみてください。就活のときも、仕事が始まってからもそこで得たものは必ずあなたを強くするはずです。待っています!

デザイン

PEOPLE