MESSAGE

人事部長のメッセージ

「伝えたいものはなんですか?」

誕生から60年以上の時が過ぎ、テレビは今、大きな変革の時を迎えています。
「変革」と言う曲がり角の先にある、テレビのあるべき姿がどのようなものなのか、模索の日々が続いています。
しかし、これまでも、そしてこれからも変わらないことがあります。それは、テレビが「伝える」メディアであること。テレビで働く一人ひとりの「伝えたい」と言う強い想いがテレビを作り出していることです。

(写真)

「心震える感動」を
「心から笑顔になれるエンターテインメント」を
「世の中に埋もれている真実」を
「歴史を変える衝撃の瞬間」を
「人々の暮らしに役立つ情報」を
「夢に向かってがんばっている人の姿」を
伝えたい…そんな強い気持ちを持ちながら、新しい時代を共に歩んでいく仲間をいま、TBSテレビは求めています。

既存の価値を取っ払った斬新な発想を持った人。
新しいことに猪突猛進チャレンジする姿勢がある人。
人に関心を持ち、社会をより良くしたいという志向を持つ人。
本気でTBSで働いてくれる人物、ハートに愛がある人。

そんな皆さん、是非一緒に、新しい時代のTBSテレビを築いていきましょう。

(株)TBSテレビ 人事労政局人事部長 中山佳子