アイリス 日本公式サイト

4月21日日本上陸

あらすじ

#18 2010.09.01


いよいよ最終回!!
結末に向け更にスピードを増す物語の展開の果てに待ち受けているものは!?
悲惨な運命に巻き込まれた登場人物たちのラストシーンは!?
アジアを席巻した超大作の結末をお楽しみください!!


ペク・サン(キム・ヨンチョル)とサウ(チョン・ジュノ)の脱走の知らせを受け、ヒョンジュン(イ・ビョンホン)はNSSに復帰する。早速、ヒョンジュンはチョン大統領秘書室室長(チョン・ハニョン)の暗殺現場に遭遇し、その場から立ち去るビック(T.O.P)の後を追う。自宅まで追い詰め、ペク・サンとサウの居場所を問い詰めるのだが、情報を聞きだせずに終わってしまう…。

だが、ヒョンジュンはアイリスのアジトを突き止め、NSSに応援を要請する。スンヒ(キム・テヒ)も現場に向かおうとすると、パク対テロ室室長(ユン・ジェムン)に止められる。アイリスのファイルからスンヒの名前が出てきたことから、スンヒがアイリスのターゲットになっていると考えていると聞かされ、内部の仕事を任される。困惑するスンヒは、動揺を隠せない。そして、ヒョンジュンとNSSチームが、アイリスのアジトに突入し、ペク・サンを逮捕する。だが、サウと部下らは別の場所で大規模な人質事件を起こす準備をしていた。

任務を終えNSSに戻ってきたヒョンジュンに、オ科学捜査室室長(ユン・ジュサン)は、深刻な顔をしてアイリスのアジトで録画された動画を見せる。そこに映し出されている映像に、ヒョンジュンはショックを受け混乱する。ペク・サンと一緒にスンヒが映っていたのだ!ヒョンジュンはスンヒを食事に誘い、アイリスとスンヒの関係を聞き出すと…。

サウらアイリスが再び動き出した!大型ショッピングモールを占拠し、化学兵器を持って人質を囲ったサウらは、大統領に南北首脳会談の取り止めを発表するよう要求する。ヒョンジュンは、交渉人として大型ショッピングモールに入り、サウと再び対峙する。サウは北朝鮮に拘束されているアイリスの関係者を釈放することも追加要求してきた。そして、その後ヒョンジュンとサウにとって思いもよらない展開が起こり…。

©2009 TAEWON ENTERTAINMENT/「IRIS」日本版製作委員会