報道特集

報道特集+plus

毎週土曜午後5:30〜 TBS系列で放送
毎週月曜午後11:30〜 TBSニュースバード(CS)で再放送

細川護熙・元首相 単独インタビュー

Photo
インタビューを10分にまとめた
ディレクターズ・カットの動画です。

日下部キャスター
きょう、野田新内閣発足しましたが、いわゆる日本新党において、野田さんの政界における師匠であられるわけで、この日をどういう思いで迎えてらっしゃいますか?
細川氏
師匠ってことはないのですが、旗揚げを私が日本新党をしたときから同志としてやってきた弟分ですから、一言で言うと、ほんとにうれしかったですね。
日本新党というのを立ち上げて、その畑に私は種をまいたのですが、その畑が、あちこちに増えて、あちこちということもないけれど、自民党という畑もあれば、もちろん民主党という畑もあれば。それからまた地方自治体のほうでもね、知事や市長で活躍しておられる方もあるし。
そういうところで、私は種まいただけなんだけれども、みなさんそれぞれ自分の力でね、今度は、野田さんがこうして素晴らしい花を咲かせてくれたので、本当に良かったと思います。
日下部キャスター
きょう組閣があった訳ですが、もう大体の閣僚のメンバーはご存知ですか?
細川氏
パラパラと見ました。
日下部キャスター
第一印象は?
細川氏
そうですね。バランスとしてはまぁまぁじゃないですかね。
ホントはね、私はもう少し“塩爺的な”といえば、塩川さんに怒られちゃうけど、もう少し、年配のどっしりした感じの、例えば福田元総理とか民主党でいうと藤井さんとかね。入ってると、特に官房長官とかね、入られた形のもののほうがいいなぁと思っていたんですがね、そういう方がいないんですね。藤井さんも、ちょっと少し勘弁してくれということでしょうし。ほかにもあんまりおられないから、なかなかそう思っても、実際には難しいですね。
日下部キャスター
そのようなアドバイスみたいなのは、野田さんには?
細川氏
でもそれは人が見たら、人がおられませんからね。アドバイスできないんですよ。したくても。でも、とてもいい配置だったと思います。
日下部キャスター
日本新党の頃から、野田さん、どのような存在だと?
細川氏
私、1992年の5月に日本新党の旗揚げをしたのですが、その前からのお付き合いなんですね。私、(松下)政経塾の評議員をしていたものですから。
それで、その会合に、評議員とかするときに、彼らもよくまぁ顔合わせていましたからね、そのころから、前原君とか若い人たち顔を見ていたのですが、内田さん(当時、松下政経塾・評議委員の内田健三 元東海大学教授)とその頃、話したことを思い出すとひとつ最初から意見が一致したことがあってね、内田さんと、この若い人たちの志ある人の中で、誰がよさそうかなという話をしたんです。そしたら内田さんと私が一致したのがね、あそこにいる無口な男がいいのではないかと。あれは「西郷さん」みたいな感じで、良さそうだぞという話をしたことがあるんです。
その通りに、やはり割りに、腹もある、据わってるし落ち着いてるし。他の若い人のように、パフォーマンスばかりやるような感じでなくて安心感というか安定感があるというか、そういうのはその頃からありました。
日下部キャスター
ほとんど基本的な野田さん像は、今も変わらない?
細川氏
変わってないと思いますね。そのころから色々、いろんな経験を積んで、そのころから10数年たっているわけですから、彼も随分立派になったなと。ますます安定感・信頼感もてる政治家になってきたなと思います。
日下部キャスター
細川さんが、どちらかというと“洗礼された”とか“ダンディーだ”というイメージがあるのに、野田さん一方で、非常に泥臭い朴訥した感じがあります。どうして波長があったのですかね?
細川氏
さぁ、それは人それぞれ持ち味がありますからね、彼は持ち味を非常にむしろ逆手に使ってというか、駅前弁士とか、どじょうとか・・・にら炒めとか。そういうのは非常にうまく使ったと思う。それは、人気の出るというか、今度、野田風と言われた中で、非常に国民の多くの方々に、わかり易かったのではないでしょうか。自分は、シティボーイではありませんと。支持率もそんなに最初から上がらないから、解散もしませんとかね、実に話は上手かったと思いますよ。
私は、前の日にね、電話したんです。前の日というのは(民主党代表選の)投票の日ですね、議員総会の前の晩遅くに電話して言ったんですが。前の日の演説は、あまり良くなかったんですよ。どこか東北の震災のところで桜が咲いてね、そして、あとは財務大臣の演説みたいなこと言ってたんですね。それじゃぁ、受けませんよと。もっと野田の人間性を出さないと、それは心に響かないと。
それで、彼は(午後)11時か11時半ごろかな、翌日は見事に切り替えて“どじょうの話”になってた訳ですけど。見事なスピーチだったと思います。
日下部キャスター
細川さん、それをどこで聞いてた?
細川氏
家で聞いてました。
日下部キャスター
湯河原で。
細川氏
ええ。
日下部キャスター
どういう思いで、聞いてました?
細川氏
いやそれは、ほんと心配しながら聞いてましたね。今度、わが事のようにほんとに色々やってたものですから。あの、影で動いてましたもんでね。ですから、なんとか2位に滑り込まなきゃいかんし、この演説がほんとにひとつのポイントになると。
結構、浮動票があるといわれてましたから。これはもう演説がほんとにキーになると思ってましたから。前の日にそういう話もしたんですが。ほんと素晴らしいスピーチだったと思います。
日下部キャスター
スピーチが終わった瞬間、どう思われましたか?
細川氏
これは良かったと思ったし、勝ったと思いました。

Facebookもチェック


報道特集Twitter

twitter@tbs_houtoku
twitter社のサイトにとびます