報道特集

特集アーカイブ

毎週土曜午後5:30〜 TBS系列で放送
毎週月曜午後11:30〜 TBSニュースバード(CS)で再放送

被爆者の血清を保存 知られざる放射線研究機関の実態

Photo

広島市の小高い丘の上に日米共同の研究機関、放射線影響研究所がある。福島の第一原発事故以来、この研究所はにわかに注目されるようになった。

人類史上、初めての原爆投下が人体にどのような影響を与えたのか、日米の研究者がこの研究所で調査を重ねてきた。研究所の前身はABCC(原爆傷害調査委員会)で、アメリカが設立したものだ。

その歴史を探っていくと、研究対象は外部被ばくのみで、「黒い雨」による内部被ばくは対象からはずされていた。

福島の原発事故で今最も懸念されるのがこの内部被ばく問題で、長い歴史を持つ放射線影響研究所は変革を迫られている。


Facebookもチェック


報道特集Twitter

twitter@tbs_houtoku
twitter社のサイトにとびます