報道特集

特集アーカイブ

毎週土曜午後5:30〜 TBS系列で放送
毎週月曜午後11:30〜 TBSニュースバード(CS)で再放送

震災発生から1年・何が変わって何が変わらないのか

約1700人が犠牲となった岩手・陸前高田市。
震災後、地元の若手経営者たちが独自の復興構想をまとめあげた。しかし、そこに立ちはだかるのは「国主導の復興」という大きな壁。
被災地の住民にとって本当の復興とは何かを考える。
福島第一原発を抱える双葉町の住民。
全域が警戒区域となった町で畜産業を営むある夫婦の一時帰宅に同行した。
牛舎で夫婦が目撃したのは、あまりにも厳しい現実だった。
双葉町、大熊町そして富岡町。双葉郡の首長たちにその思いを聞く。
脱原発に大きく舵を切ったドイツ。
「原発推進派」だったメルケル首相の政策転換を後押ししたのは、福島第一原発の事故だった。
一方事故の当事国、日本では脱原発や再生可能エネルギー普及への取り組みは遅々として進まない。国の目指す方向が明確に伝わらない。何が障壁となっているのか。


Facebookもチェック


報道特集Twitter

twitter@tbs_houtoku
twitter社のサイトにとびます