報道特集

特集アーカイブ

毎週土曜午後5:30〜 TBS系列で放送
毎週月曜午後11:30〜 TBSニュースバード(CS)で再放送

「冤罪大国」アメリカの教訓

裁判員制度がスタートした。裁判に「市民の目」を持ち込むことにより、市民感覚と比較してもずれのない正しい判決を下すことが求められることになる。一方、建国以来、裁判に市民が参加してきたアメリカを取材すると、驚くほど多くの「冤罪」が生み出されてきた事実に直面する。過去25年間だけでも、実に130人もの無実の人に対し、誤って死刑判決が言い渡されていたのだ。冤罪を生み出した陪審員たちのその後の苦悩や救済活動などを通じ、市民の司法参加を成功させる条件とは何かを考える。


Facebookもチェック


報道特集Twitter

twitter@tbs_houtoku
twitter社のサイトにとびます