『アジア大会2018ジャカルタ』スーパー女子高生・池江璃花子が日本勢歴代最多タイの5冠を達成!!

8月24日(金)12時50分


『アジア大会2018ジャカルタ』で、連日のメダルラッシュに沸く日本競泳陣。
大会6日目の昨日も女子4×100mメドレーリレーで日本(酒井夏海、鈴木聡美、池江璃花子、青木智美)が3分54秒73の日本新記録で金メダルを獲得。池江は44年ぶりとなる日本勢歴代最多タイの5冠を達成した。さらに女子50m平泳ぎの鈴木聡美、男子100m自由形の塩浦慎理も金メダルを獲得した。
池江は競泳最終日となる今夜のレースで史上初の6冠目に挑戦する。
また、フェンシング女子フルーレ団体(東晟良、宮脇花綸、菊池小巻、辻すみれ)は延長戦で中国を下し、日本史上初の金メダルを獲得した。
今大会の日本のメダル獲得数は金メダル25個、銀メダル28個、銅メダル33個の合計86個となった。
これらの模様を放送した昨夜の番組毎分最高視聴率は21時27分の17.8%。競泳女子4×100mメドレーリレーで最終泳者の青木智美が1位でゴールし、チームが歓喜に包まれた瞬間だった(平均視聴率は13.3% 20時〜22時 同時間帯トップ ※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。
本日の大会7日目は競泳最終日! 女子50m自由形では池江の6冠に期待がかかる! さらに女子200m個人メドレーに大橋悠依、寺村美穂が出場、50m平泳ぎでは小関也朱篤が3冠を狙う。ほか、男子400mメドレーリレー、体操・男子種目別決勝などを予定。
また明日25日(土)からは陸上競技がスタート。あさ7時30分から男子マラソン、午後6時30分からは男子100m予選、山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥らの記録への挑戦をお届けする。
「アジアを制して、2020TOKYOへ!」
日本代表選手たちの活躍を、本日も午後6時30分からTBSでお送りする(※大会及び番組の都合で放送内容が変更となる場合があります)。

ニュースアーカイブ