特別企画 橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』三時間スペシャル2018、9月17日(月・祝)よる8時放送決定! 撮影快調! 石井ふく子プロデューサーが語る最新作の見どころは?

8月10日(金)16時39分


勇(角野卓造)が階段を踏み外し入院してしまうという驚きの展開で幕を開ける。写真左から岡本信人、中島唱子、泉ピン子、村田雄浩、角野卓造。

勇(角野卓造)が階段を踏み外し入院してしまうという驚きの展開で幕を開ける。写真左から岡本信人、中島唱子、泉ピン子、村田雄浩、角野卓造。

1990年にスタートし、2011年に1年間の連続シリーズが終了した後も単発番組として放送している橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』。今年も放送することが既に発表されているが、このたび放送日時が9月17日(月・祝)よる8時〜11時7分に決定した。撮影は8月上旬にクランクインし、順調に進んでいる。

今回は勇(角野卓造)が階段を踏み外し入院してしまうという驚きの幕開け。五月(泉ピン子)は自分が店を切り盛りしようと張り切るが、愛(吉村涼)と誠(村田雄浩)たちの勧めに従って、勇を介護するために五月も店を休むことに。これまで仕事に忙しくゆっくり話すこともなかった五月と勇に会話が生まれ、それぞれの心情に触れる。一方、勇がリハビリをする間、眞(えなりかずき)の家に間借りをしようと五月は期待するが、眞の妻・貴子(清水由紀)は義父母との同居を拒否。勇、五月夫婦と眞、貴子夫婦に軋轢が生まれ…。『渡鬼』ならではの家族の本音バトルが勃発する。

一方、五人姉妹の長女・弥生(長山藍子)は、高齢者たちに憩いの場所を提供しようとボランティア活動に励む。そんな妻に良(前田吟)の反応は…。三女・文子(中田喜子)は、経営する旅行代理店が順調な商いを続けており、離婚したとはいえ亨(三田村邦彦)との縁が切れない。四女・葉子(野村真美)は一級建築士としてバリバリ活躍中だが、夫・透(徳重聡)の仕事には暗雲が立ち込める。さらに五女・長子(藤田朋子)が切り盛りする診療所には、英作(植草克秀)に弟子入り志願する優秀な医師が押しかける。

五姉妹それぞれの夫婦の周辺が騒がしくなってきた。最新の『渡鬼』ワールドに乞うご期待!


〈石井ふく子プロデューサーコメント〉
これまでずっと家族の在り方を見つめ続けている『渡る世間は鬼ばかり』ですが、今回は特に夫婦の関係を描きます。「幸楽」の仕事が忙しく、自分たちの今後について語ることが少なかった勇と五月が、病室で二人きりになることで、どのような会話が生まれるのかご注目下さい。言葉を交わすことで生まれる信頼や夫婦愛。普段は反発しながらも愛おしい人だと気づく幸せ。そんなことが伝わると幸いです。五月だけはなく、五姉妹のそれぞれが相方とのつながりを育んでゆきます。一年ぶりにスタジオで再会すると、出演者、スタッフともそれぞれの持ち場が決まっていて、すんなりと収録が始まります。『渡鬼』の現場に立てる喜びを感じるひと時です。一年お待ちいただいた視聴者の皆様にご満足いただけるよう丹念に撮影を進めてゆきます。

ニュースアーカイブ