『SASUKE』の“現地制作”ロシア版で世界20か国に

12月26日(火)11時35分


『SASUKE』ロシア現地制作版『Ninja Warrior Russia』より

『SASUKE』ロシア現地制作版『Ninja Warrior Russia』より

TBSがスポーツエンターテインメント番組『SASUKE』の放送を開始したのは、20年前の1997年。その後、『SASUKE』の番組フォーマットはアメリカを皮切りに世界各国に“輸出”され、“現地制作版”が作られてきたが、放送開始から20周年を迎えた今年、その数がちょうど
20か国に到達した。

『SASUKE』はこれまでにベトナムや中国などのアジア諸国や、アメリカ、ヨーロッパ、そして中東でも現地版が制作されている。アジア以外の国では、『Ninja Warrior』のタイトルが採用され、放送形式も日本の『SASUKE』と異なり、毎週1話ずつ10話程度を放送するシーズン形式が多い。

2017年は、新たにオーストラリア、オランダ、スペイン、ハンガリー、オーストリアの放送局が現地制作版の放送を開始。ほとんどの国で視聴率がプライムタイムの同時間帯トップを記録するなど人気を博した。特にオーストリアでは、地上波 Puls4 開局以来となる新作初回最高視聴者数を獲得。また、オーストラリアでは、全9話すべてが、同国のスポーツ中継を除く、今年の全局年間視聴率ランキングで1位〜9位までを独占する人気ぶりだった。

こうした中、今年11月にロシアの国営放送 Channel One でも、現地版が制作され放送が始まった。ロシア版『Ninja Warrior』で参加者たちが見せたスポーツ大国ならではの並外れた身体能力とパフォーマンスの高さには、世界各地の現地制作版に関わってきた制作陣も驚きを隠せなかったという。このロシア版実現で、『SASUKE/Ninja Warrior』が現地制作された国は、世界20か国に達した。

来る2018年には、現地制作版の元祖であるアメリカ『American Ninja Warrior』がシーズン10の制作に入るほか、イギリスではシーズン4、オーストラリアではシーズン2の放送が始まるなど、『SASUKE/Ninja Warrior』は世界各地で既存のシーズンを更新しつつ、新たな国にも広がりを見せていく。

【参考】
[TBSオンライン・カタログ]http://www.tbscontents.com/en/
[TBS海外事業公式 Facebook]https://www.facebook.com/tbs.global.business/ (※ TBS のサイトを離れます。ご注意下さい。)
[TBS海外事業公式 Twitter]https://twitter.com/TBS_prosales (※ TBS のサイトを離れます。ご注意下さい。)

【TBS海外事業について】
TBSは1960年代以降50年あまりにわたり海外番販に積極的に取り組んでおり、特に「フォーマット番販」の分野では世界的にも草分け的な存在。これまで、Bellon Entertainment 社(アメリカ)と共同で、世界160を超える国・地域で200種類近く、数千話におよぶ「フォーマット番販」によるTBSの番組の各国版制作を実現しており、各国で国民的な人気を博した(博している)番組も多数。また、ドラマやアニメなどすべてのジャンルの番組や映画を販売しており、累計の販売実績は、世界5大陸160を超える国・地域、数百タイトル、数万話におよび、テレビ、映画ともに「コンテンツ・プロバイダー」としての世界におけるプレゼンスを増している。また、近年は共同制作や配信、早期販売にも力を入れ販路を拡大している

ニュースアーカイブ