毎週日曜よる9時〜絶賛放送中日曜劇場『陸王』「横浜マラソンEXPO」のオープニングに、馬場徹、吉谷彩子、石井貴就が特別に登場!原晋監督とともに、2万8千人のマラソンランナーにエール!さらにシューズ「陸王」を初、生披露

10月27日(金)18時44分


「横浜マラソンEXPO2017」に登場した吉谷彩子(右1)、馬場徹(右2)、原晋監督(左2)、石井貴就(左1)

「横浜マラソンEXPO2017」に登場した吉谷彩子(右1)、馬場徹(右2)、原晋監督(左2)、石井貴就(左1)

TBSでは毎週日曜よる9時から日曜劇場『陸王』を好評放送中。10月15日の初回放送は番組平均視聴率14.7%を記録し好スタートを切った。(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)
原作はこれまで数々のヒット作品を生み出している池井戸潤の「陸王」(集英社刊)。主人公で創業100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その息子・大地を山?賢人が演じ、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役には竹内涼真、そのほかにも豪華なメンバーが出演している。
主演の役所はもちろん、「こはぜ屋」で働く正岡あけみ役・阿川佐和子の好演が話題を呼んでいる。ほかにも注目を集めているのが、悪役ぶりが話題の埼玉中央銀行融資課長・大橋浩役の馬場徹と、そのかわいらしさが話題の「こはぜ屋」最年少社員・仲下美咲役の吉谷彩子だ。そんな注目を集める馬場と吉谷、さらにランナー役の指導・監修を行った青山学院陸上競技部長距離ブロック監督の原晋と、原監督から実際に指導を受けたランナー・水木役の石井貴就の4人が、本日10月27日(金)に横浜・赤レンガ倉庫で行われた「横浜マラソンEXPO2017」のオープニングに特別に登場、スペシャルトークショーを行った。


「横浜マラソンEXPO2017」は、10月29日(日)に行われる「横浜マラソン2017」のランナー2万8千人が集まる一大イベント。4人はトークショーを通じてランナーたちにエールを送った。
悪役ぶりが好評の馬場は「劇中では、黒縁眼鏡でいやな奴なんですけど、今日だけは全面的にいい奴で押していこうかなと、さわやかブルーな眼鏡で参りました」とさわやかに登場。
吉谷は「こはぜ屋」の紙袋を持って登場。司会から「その袋は何か」と突っ込まれると、「なんとこはぜ屋から「陸王」持ってきましたよ〜。私たちがいま、一生懸命作っているシューズなんです」と、劇中で使用されている「陸王」を初めて生披露。会場からは拍手が起こった。
さらに、原監督が石井の体を見本にしながら、ランナーたちに向けてフォームを特別指導する一幕も。原監督は「腕を振ることを意識する人が多いですけど、腕をふるためにバーベルあげたり、腕立て伏せをする必要はないんです。肩甲骨周りの稼働領域を広げていくために腕を大きく回していくトレーニングが必要なんです」とランナーたちへ指導。また「マラソンのトレーニングというと1時間、2時間走る感覚を持っていると思いますが、今回『陸王』で走法指導してみて、究極、1500メートルをはやく走る形を作れば、おのずとフォームがきれいになるなとわかったんです」と、自身がランナー役を指導する中で気づいたことを語った。そして、群馬で行われるニューイヤー駅伝を完全再現するドラマ撮影(11月初旬予定)へのエキストラ参加を呼びかけた。そしてスペシャルトークショーの最後、馬場が「日曜よる9時は?」と呼びかけると、多くのランナーから「陸王!」と声が上がった。馬場は「29日のマラソン大会で汗を流した後は、ゆっくりお風呂につかって、夜は『陸王』をぜひ見てほしい」とアピールした。


【ドラマ概要】
宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくてはこの先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。
そして考えついた事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発。しかし「陸王」の完成は、従業員20名余りの地方零細企業にとってそれは苦難の道のりだった。新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力――。
さらには世界的に有名なスポーツブランド「アトランティス」との競争が待ち受けていた。徹底した結果主義に基づく「アトランティス」の営業部長やその部下、さらにシューズ調整のプロであるシューフィッターにどうしたら勝てるのか宮沢はもがく…。
様々な困難が立ちはだかり何度も挫けそうになるが、そのたびに息子の大地をはじめ妻、娘といった家族、こはぜ屋の従業員たち、銀行担当者、ほかにも知り合いを通じた新たな人脈が宮沢を救う。また、かつて長距離走者だったこはぜ屋の協力会社の社員が「陸王」の試作品を履いて走りアドバイスするなど、多くの人の助けがある。そして「陸王」の製作に必要な特許を所有する飯山産業の元社長・飯山の協力が欠かせない。
一方、かつて箱根駅伝で5区を走り、現在は実業団「ダイワ食品」陸上競技部に所属する茂木は、ライバルである他の選手との競争や走り方に悩んでいたが、「陸王」に出会い成長していく。
果たしてランニングシューズ「陸王」の開発は成功するのか。そしてその先に、こはぜ屋の未来はあるのか!? たった一つの商品を愚直につくり続けてきた製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに今、一世一代の大勝負に打って出る!! TBSが満を持して送る、感動の企業再生ストーリー!!


【スタッフ】
  製作著作
    TBS
  原作
    池井戸潤「陸王」(集英社刊)
  脚本
    八津弘幸
  プロデューサー
    伊與田英徳
    飯田和孝
    川嶋龍太郎
  演出
    福澤克雄
    田中健太
  陸上総監督
    原 晋(青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督)
  陸上協力
    青山学院大学陸上競技部
  トレーニング協力
    スポーツモチベーション
  足袋協力
    きねや足袋
  協力
    埼玉県行田市


【出演者】

  宮沢 紘一 … 役所広司

  宮沢 大地 … 山﨑賢人
  茂木 裕人 … 竹内涼真
  宮沢 茜 … 上白石萌音

  坂本 太郎 … 風間俊介

  城戸 明宏 … 音尾琢真
  平瀬 孝夫 … 和田正人
  毛塚 直之 … 佐野 岳

  大橋 浩 … 馬場 徹
  安田 利充 … 内村 遥
  江幡 晃平 … 天野義久

  仲下 美咲 … 吉谷彩子
  水原 米子 … 春やすこ
  橋井 美子 … 上村依子
  西井 冨久子 … 正司照枝

  立原 隼人 … 宇野けんたろう
  加瀬 尚之 … 前原 滉
  内藤 久雄 … 花沢将人
  川井 … 佐藤俊彦
  水木 … 石井貴就
  端井 … 安藤勇雅
  吉田 … 山本涼介

  広樹 … 緒形 敦

  正岡 あけみ … 阿川佐和子

  佐山 淳司 … 小籔千豊
  家長 亨 … 桂 雀々
  富島 玄三 … 志賀廣太郎
  有村 融 … 光石 研
  宮沢 美枝子 … 檀 ふみ
  飯山 素子 … キムラ緑子

  村野 尊彦 … 市川右團次
  小原 賢治 … ピエール瀧

  飯山 晴之 … 寺尾 聰

  ほか

ニュースアーカイブ