撮影日報 HPスタッフが日々追跡

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

内容

No.81
2013年826
近藤直弼 出向先で倍返し
なかなか融資を受けられず、銀行からも会社からもひどい扱いを受けていた近藤さん、半沢さんに気合いを入れられたことで行動し、声をあげることが出来ました!やはり頼るべくは同期の仲間たち!
同期というと、大学同期のアブこと油山さん!ライバル行でありながら、言える範囲で協力してくれたところに、同期のよしみを感じました☆
以前の撮影日報でもお伝えしています「ラーメン二郎」の話。メッセージにもいただいていますが、慶大生にはツボなんですね…いまや人気店で、いくつか支店もありますが、元々三田から始まっていて、体育会の学生さんたちはみんな通ったそうです。「週一二郎」=週に一回はラーメン二郎に通うと言う油山さん、わずかな登場でもキャラクターがきっちり見えました。慶応ラグビー部出身の福澤監督、当時やはり通ったそうです。「最初美味しくないと思って、試しにもう一度行ってみてやっぱり美味しいと思えなくて、これでダメならもう来ない、と思った三回目でハマるんだよ!三田の店は今でもあの暗号でしか注文できないから、是非行ってみて!」
…えーと。すごいカロリー高いと聞いているんですけど。すごい量だと聞いているんですけど。「大ダブル野菜カラカラ」なんて頼んだら、一体どんなものが出てきてしまうのか…経験ある方、教えてください。
写真:81_1
同期でも渡真利さんは行ってなさそう?
一人だったら立ち向かえなかったかもしれない。京橋支店に隠されたものをあぶり出しにかかった半沢さん、戸越さん、そして近藤さん。立案者は半沢さんでしょうけれど、たとえ半沢さんだって一人じゃここにたどり着くことも出来なかったでしょう、でも3人で力を合わせれば、京橋支店の古里さんを切り崩していける!
写真:81_2
間抜けだなあ
古里さんが憎たらしく戸越さんの話をあしらっているところに登場した半沢さんを見て
監督「やっぱり半沢さんが登場すると気持ちいいね!」
わかる!きっと皆さんも同じ想いで見てくださっていたことでしょう!
このお店は魚が美味しい居酒屋さんで、撮影ではエキストラさんで満席でしたが、ふだんもこれくらいお客さんが入っている人気店です。この大人数を見て、堺さんは「あまり大きな声じゃないほうがいいかな」と、少し抑えようかとしていたのですが
監督「『どうなんだ!』と詰め寄るところは大きな声出していいですよ。まわりが振り向くことで、古里があわてて意識しますから。」
写真:81_3
迫力で詰め寄って
ここを境に、古里さんの態度が一変、言葉使いも敬語です(笑)。あれだけ横柄だった古里さんが、びくっと首を甲羅に入れるような感じになったのは、手塚とおるさんのナイス演技!小心者ぶりがたまりません。ネクタイを掴まれるさまは、甲羅に逃げ込むことを許さないかのよう。近藤さんも戸越さんも「こんなヤツに…」という思いでいたのではないでしょうか。 
写真:81_4
容赦しないと言ったはず
でも、これで気持ちよく倍返し!さあ、大事な証拠を開なんかで隠させない、支店長が取りに来る前に手に入れようと京橋支店に行こうとする半沢さん。近藤さん、古里さんの三人で向かいますが、ここは実はちょっと切ない裏設定があったんです。
半沢さんは、古里さんを連れて二人で資料を取りにいくつもりでした。戸越さんを断ったのは、夜間の銀行はセキュリティが厳しくて、行員以外は入れないから、と説明していましたが、それは近藤さんにも当てはまることだからです。出向してしまうと、いずれ銀行のIDも回収され、転籍になると完全に出向先の会社の社員という立場になり、銀行員ではなくなります。半沢さんは近藤さんの現状がどうなっているのかまでは把握していなかったんですね。だから近藤さんの申し出を聞いて、ちょっと驚いたけれど、「銀行員だ」というその言葉を聞いて、嬉しく思えたのではないでしょうか。
写真:81_5
出向になるって大変なことなんですよ
動き出したら速かった、カバンを放り投げるところは同期同士のコンビプレー、そこからの鍵を開けるところ、書類を探すところ、近藤さんの銀行員としてのハートに火がついた!二人の連携で無事、金庫を開けることに成功!でも、金庫の暗証番号を覚えてしまった理由がちょっと悲しかった…
この金庫はセットで作っていますが、実際にとても頑丈で、閉じ込められたらどうしよう!貝瀬支店長が向かってきて、ちゃんと隠れられるし出られるとわかっているのに、どきどきして手に汗握ってしまったHPスタッフです。
写真:81_6
やみくもに唱えた数字が暗証番号
無事に証拠書類を手に入れて、融資の問題も片がつき、何よりも「お前はお前だ」という大切な言葉をもらった近藤さん、信ずべきは大切な友、勇気を出して経理部の野田さんにも力強く声を大にして言いたいことが言えました。
監督「これまで半沢に言われたことを思い出して!」
写真:81_8
腹から声出して
でもずっとつらいシーンの撮影が続いていて
滝藤さん「力が出ない…」
いえいえいえ、頑張りましょう!出向先である「タミヤ電機」、ここが新しい自分の居場所、元気に働く近藤さんをわたしたちに見せてください!!
写真:81_9
「銀行さん」なんて呼ぶな

バックナンバー

12月
9月
8月
7月
6月

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.