インタビュー(東京本部)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

湯浅 威・駿河太郎さんのインタビュー(東京本部)

現在、とてもたくさんの方にご覧いただいている「半沢直樹」ですが、どうご覧になっていますか?また、その作品にご出演される感想を聞かせてください。
子どもが戦隊モノに大ハマリするように、本当はやりたいけれど、実際にはなかなか出来なくて、そういうしがらみの中で生きている人の代弁者として半沢直樹が気持ち良く悪を退治してくれるいう、というのが大人向けの戦隊モノみたいな感じです(笑)。
このドラマを見ていてすごいと思うのは、伏線はちゃんとあるのに、いらないシーンがないんですよね。一視聴者として見ていても、登場人物がこれだけ多いのに分かりやすいというのは、ホントに台本と演出力がすごいんだろうなと思いますね。
原作も読んでいるんですけれど面白かったですし、台本もかなりテンポ感があって面白くて、決まってから「早くやりたいなあ」とずっと思っていました。
チーフの福澤さんとお仕事をするのは初めてなので、福澤さんの並々ならぬプレッシャーを楽しみつつ芝居をしていきたいなと思っています。
演じられる伊勢島ホテルの社長・湯浅威という人はどのような人物ですか?

ぼくは男なので男の気持ちしかわからないんですけど、男として生まれた以上、ぼくは親を超えたいと思います。湯浅威という人間も、きっと一族経営の中でずっとやって来ている中で、親父に対して、というより自分の生まれた環境に対してもがいて、自分の道を探して、いろんなことを決断していく人だと思うんです。ぼくも「二世」とよく言われるので、そういう気持ちが非常によくわかります。湯浅も、物事を突き詰めていけばいくほど、親が生きているうちは親を超えられないな、というのをうすうす感じていて、その中でも自分が自分なりの歩き方で、親を「見返す」のではなく「認めてもらう」、そういうことを模索しているのではないでしょうか。
ぼくは役者という仕事をしていて、湯浅のように経営者ではありませんが、そういうところは一緒だと思っています。役者の仕事というのは求められているものをどう表現するか、というものなので、クリエイティブでありながらクリエイティブではない、すごくつかみどころのない職業だと思うんですけれど、「湯浅威」がやろうとしていることと、実際の「駿河太郎」という役者がやろうとしていることは、似ているところがあるな、と勝手に解釈しています。
半沢直樹役の堺雅人さんとは、以前共演されていますよね。
この前に『大奥』というドラマでご一緒させていただいて、すごく濃い数日間を京都で過ごしましたが、先輩としてとても尊敬できる役者さんです。ぼくなんかが言うのも失礼なんですが、どれを見ても堺さんなのに、どれもキャラクターがしっかりしていて、そばで見ていてすごく楽しいですし、共演者としてすごく勉強させていただいています。普段は本当に「優しいお兄ちゃん」という感じなのに、「半沢直樹」という役柄を演じた瞬間、目力の強さに圧倒されますね。今回、敵対する側の人間ではないのでよかったと思います(笑)。
半沢さんの魅力というのはどういうところだと思われますか?
みんな本当は、自分の中の信念みたいなものを曲げずに生きていきたいはずなんです。だけど、普通はできないじゃないですか。自分が思っていることはこうだけれども、これが正解かどうかなんて何年後かにしかわからないと思うんです。でも半沢直樹という人物は、その時そのときで自分の確固たる信念がそこにあって、それを曲げずに生きられるあの強さというのはすごいなと思いますね。
半沢さんはお父さんに「ロボットみたいな仕事をするな」といわれたことを胸に抱えていますが、駿河さんご自身が受けられた薫陶のようなものはありますか?

直接的に言われたわけではないのですが、笑福亭鶴瓶の背中を見ていて、誰に対しても同じ態度で臨むといいますか、そこを変えないというのは素晴らしいことだと思います。でも、ぼくの若さでそれをすると、怒られるときが多々あります(笑)。
ドラマのみどころ、メッセージをお願いします。
これまで見てきてくれた人は本当に楽しみにしてくださっている方々ですし、またその評判を聞いて6話から見ようと思っている方もいらっしゃると思います。普段自分の中に溜まっているうっぷんが、きっと『半沢直樹』というドラマを見ることで解消されることと思います。僭越ですがぼくが演じる「湯浅威」は、この後の鍵を握る人物の一人ですので、湯浅の葛藤もぜひ見ていただけたらと思います。ぜひ楽しんでください。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.