インタビュー(東京本部)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

黒崎駿一・片岡愛之助さんのインタビュー(東京本部)

演じていらっしゃる黒崎さんのキャラクターが大人気で、原作の池井戸先生も現在連載中の半沢シリーズ「銀翼のイカロス」にも、予定になかったのに登場することになりました。
ありがとうございます。そう言っていただけると光栄でございます。
嬉しいことにこのドラマ自体が社会現象的に人気になってきておりますがどういう部分がみなさんの琴線に触れたんだと思いますか?

物語自体ですよね。本当に、幅広い方々がご覧になられても「あるある!」と共感できるようなところがあります。そういう今の世の中に実際にあるようなことがキッチリ描かれているところでしょうね。等身大で、本当に言いたいけれどこれを言ってしまうと会社でえらいことになってしまう、というようなことを言っているので、スッキリするんでしょう。それと、主演の堺雅人さんはもちろん素晴らしいと思いますけれど、主演の人だけが光っていても作品はヒットしませんし、みんなも見ようともしないと思います。ドラマが受け入れられる要因というのは原作でもあるし、原作をどう脚色していくか、それと演出やカメラワークもあります。僕は映像のことをえらそうに言えるほど知らないですけど、そういうもの全てがひとつになった時の発揮する力というのはすごいんだな、ということを痛感しました。そういうこと全てがうまいバランスで混ざり合ったからこその、こういう素晴らしい結果なんじゃないかと思いますね。
本当にこの作品に出させていただいて、声を掛けていただいたジャイさん(福澤監督)に、僕はもう感謝感激雨あられです(笑)。
この後の金融庁検査では、半沢さんとの直接対決となりますが、意識されていることはありますか?
基本的に、相手に向き合ったときに感じたように、と思って演じています。今までは半沢さんとはすれ違いばかりでしたが、今回は、対面して攻撃的な感じですよね。といっても、本当に「対決なの?」というくらい、ぼく一人でずっとしゃべっていますけれど(笑)。
でも、ご一緒していて堺さんは本当に素敵な俳優さんだと思います。いろいろな作品を拝見させていただいていますけれども、いろんな面をお持ちで、その度に出る面が違うと感じます。一緒にやらせていただいても勉強になりますし、いい刺激になっています。でも普段はすごく腰の低い方で、男女問わずみなさんに人気があるのはわかりますね。
拝見していて「あれは歌舞伎の『にらみ』だ」、と思うときがあるんですけれど、意識されているんですか?

どうなんでしょう(笑)。でもそう思っていただいても、それはそれでいいと思います。わざわざ歌舞伎役者である、ぼくを起用して下さっているのには理由があるんだろうし、色を出したほうがいいのかなと思っています。そうでなければ別の俳優さんでもいいわけですからね。演じる方としては、実は監督の言われるとおりにすることが、一番正しいと思って演じています。
それだけ監督を信頼されているということなんですね。
舞台は、役者のものなんですよ。毎日、お客さまとのキャッチボールをライブでやっていますから。でも映像は監督のものなんです。役者がカメラに向かって、ひたすら投げ続ける中で「自分がもっと面白くしてやろう」というスケベ根性はあまり出さないほうがいいんです。役者のぼくたちがどうのこうの考えるよりも、全てが頭に入った方が緻密に考えていらっしゃるから、往々にして監督の言ったとおりにするほうが面白くなるんですよね。
では出来上がった作品をごらんになったときは…?
すごいな、おぉこうなるんだ、と感動しました。先の展開も知っているけど、見ていて次のシーンとかで「この画、撮ったよこの間!」とわくわくしました。
自分が出ていて何なんですが、毎回次が気になる終わり方ですよね。「早く見たい」と思わせるところが、作り手の妙というか、すごいですよね。本当にこの作品に関わらせていただいたことが、役者として、本当に大きな節目になったといいますか、すごく大きな勉強になったと思います。
作り手としては、続きが気になる作品であってほしいですから「来週早く見たい!」と、そういう気になっていただけるような演技をしなければいけないですね。どうぞこの先も毎週見てください。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.