インタビュー(東京本部)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

近藤直弼・滝藤賢一さんのインタビュー(東京本部)

前半では、近藤さんを追い詰めた小木曽さんが半沢さんに対する裁量臨店でもさまざまな策を練ったり、また机をばんばん叩いていました。目の前でやられていかがでしたか?
うっとうしいですよね(笑)手痛かったでしょうに。
小木曽さんにも家庭があって、守らなきゃならない大切な人達がいますもんね。
上司と部下の板挟みで、葛藤や苦悩があるでしょうから。そう考えると、もうどっちが正義か分からなくなってきましたよ。
小木曽さんのスピンオフが観てみたいです(笑)
6話以降の出向先・タミヤ電気では、近藤さんも倍返ししようと立ち向かっていきます。そういう気持ちはどこから来たんだと思いますか?

皆さんお忘れかもしれませんが、近藤は同期の中で一番に出世した優秀な男ですからね〜(笑)。もともと持っていたんじゃないでしょうか。
心の奥底で虫の息だったバンカーとしての誇り、情熱を半沢に鷲掴みにされて息を吹き返したんだと思います。半沢は気付いていたんでしょうね。近藤すら忘れていた近藤のバンカーとしての心残りみたいなものを。
こいつはまだ死んじゃいない!って。本当によき友を持ちました(涙)
東京編はまた同期3人のシーンが多いですが、演じられるときはどういうところを意識されていますか?
3人のシーンは緊迫したシーンも多いですが、苦楽を共にしてきたというバックボーンみたいなものが見えるといいなと思っています。
きっと喧嘩もしたし、恋愛相談にも乗ったり乗ってもらったり、めちゃくちゃ一緒に呑んで熱く語っただろうし、仕事でも相談しあったりとか、ただ張り詰めているというよりも、そういうものが見えるといいですよね。
半沢、渡真利の過去の彼女全員知ってるみたいな(笑)そんなようなことを1人で想像してほくそ笑んでおります。
近藤さんにとっては家族の存在もとても大きいと思います。

家族を守り、安定した暮らしをさせてあげたいというのは男としてあると思います。特に近藤は一度病気で挫折した時に、由紀子と洋弼に助けてもらっていますから。その思いはとても強いと思います。
それにしても買ったばかりの家を手離してでも家族一緒にいたいんですからね。本当に本当に愛されてます近藤直弼は!由紀子さんには脱帽です!
本当に近藤の周りは素敵な方達ばかりで…支えていただいております(涙)
後半の近藤の倍返し、見どころなど教えてください。
登場人物それぞれが抱えている葛藤のぶつかり合い!何度台本を読んでも胸が熱くなります。その1つとして、近藤の見ている景色が今後どう変わっていくのか、はたまた全く変わることはないのか。「半沢直樹」を観る楽しみの1つにしていただけたら嬉しいです。その為にも、最後まで気を抜くことなく1シーン1シーン丁寧に積み重ねていくことに集中していきたいと思っております。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.