インタビュー

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

福澤克雄監督のインタビュー

「予想外の大ヒット」と言われていますが、どこが皆さんに受け入れられたんだと思いますか?

自分の中では「どうせ当たらない」という開き直りと言いますか、そういう気持ちでいたのが良かったんだと思います。今回、堺雅人さん初め、最初に決まっていた主な出演者は信頼している役者さんばかりだったので、最初に「このドラマは当たりません」と宣言しました。
『半沢直樹』は、今までのドラマの常識から言うと、絶対に当たらないんです。でもそれも本来はおかしな話で「きっとこうだろう」と植えつけられていたイメージなだけなんです。現場での雰囲気はとてもよかったのですが、撮影に入ってからというものずっと泊り込んでいて、世間との接触がほとんどなくて、ネットでの反響くらいしかわからなかったんです。ですからこの好評価が嬉しいんですけれど、どうしようかと思いましたね。
演出の際に意識されていることを教えてください。
原作にこの「倍返し」というセリフが出てきたところを読んだとき、「この半沢という男は気が強いな」と思いました。堺さんが言うとかっこいいな、きっと彼しかできないと思ったんです。堺さんとは『南極大陸』で初めてご一緒したのですが、ぼくはとにかく「速い人」が好きなんです。見ている人もどんどん先に連れて行く、だから速く言わせるために何十回もリハーサルをして、先へ先へと進めていきます。ゲストの方も最初はついてこれなくてとまどっていましたね。
ぼくの演出は悪役に特化しています。堺さん演じる半沢に、悪役がどう向かっていくかが見せ場ですから、「あなたがやられるときが一番気持ちいいんです。思い切りやられてください。」とお願いしました。一対一の対決だとどうしても会話劇になってしまいますから、爽快さはより気を付けています。
悪役に限らず、キャラクターがそれぞれ素晴らしかったですよね!

ふつう、ドラマにはテーマを作りますけれど、この作品にはないんです。テーマがなく、ただ面白さを追求した作品として黒澤明監督の『用心棒』が名作だと思っているのですが、あんなに難しいものはなくて、相当な度胸が必要なんです。
いつかそういう作品をやってみたいと思っていたところに、宝石のような池井戸さんの原作に出会うことが出来ました。伊與田プロデューサーと「どうせ当たらないし、よし、やりたいことをやろう!」と始めていって、自分の中で「『用心棒』の良さってなんだろう?」と考えたとき、キャスティングだと考えました。見ただけで悪い人とわかるキャスティングが必要になるんですけれど、これが伊與田プロデューサーが本当にうまいんです。小木曽役に緋田康人さんを連れてきたときには「この人は本当に嫌われるな、最高だな」と感じました。黒崎は一歩間違えたら弾かれると思ったので、よし、伝統芸能の歌舞伎の人にお願いしよう、と片岡さんだけはぼくが直接電話でお願いしました。ああいう世界の人が相手だとなかなか文句を言えなさそうじゃないですか(笑)。壇蜜さんは、最初は「まあいいんじゃない」くらいだったのですが、撮影を進めていくうちに、どんどん魅力に引きこまれていってしまいました。
主だったキャスティングは最初からきちっとしていましたが、まわりを実力のある人で固められたことは伊與田プロデューサーのキャスティングの勝利ですね。失礼ながらぼくは石丸幹二さん初め知らない方もいらしたのですが、連れてきた伊與田プロデューサーも、応えてくれた役者も本当にすごいと思っています。
撮影方法など、監督のこだわりについて教えてください。
ぼくの手法はアップが多くて「劇画的」と言われますが、この作品は特にそうかもしれないです。原作を読んでスカッとしたので、それを見ている方に「中に入っているような」感覚で見て欲しくて、映画用の立体的に撮れる大きなカメラを使っています。
セットも目いっぱい大きく作ってもらって、スケール感を出しています。いろいろと理解してもらえて、やりたいことをやらせてもらっていて、主題歌もなくしてもらいました。作品によっては主題歌があったほうがいいこともありますが、今回は色がつくのがいやだったので服部隆之さんの曲推しでやらせてもらいました。服部さんにも、生意気にも注文をつけさせていただきましたが「ちゃんと顔になる曲ですから大丈夫です」とおっしゃってくださって、信じて良かったです。自分で言うのも何ですが、名作には名曲ありだと思っています。
こだわりというと、半沢家の食事も話題になりました。

人はものを食べて生きています。低カロリー、高タンパクのものをちゃんと作る、花は誤解を招きそうなタイプですけれど、半沢を支えているのはやはり花だと分かります。半沢は、外では我を張っていますが、花には何を言われても謝ります。それはぼくがそうだからです(笑)。
社宅については、日本独特の「藩」制度のような感じがあります。よそ者は入れない、それを当てはめてみました。悪代官のような存在も出てきたりして、そういうしがらみを痛快に描ければいいなと思いました。
改めて半沢さんというキャラクターは、どういう存在ですか?
半沢さんのように、あそこまで言い切れる人はいません。部下にいても困りますけれど、日本にはぜひ居て欲しい人ですね。
彼はヒーローです。つまづきながらも登っていく爽快さは、実生活ではできません。ちょっとした夢物語として見てほしいです。
この先も、ぼくはもちろんやりたいと思っているんですけどね(笑)。『ロスジェネの逆襲』、連載中の『銀翼のイカロス』も最高に面白いです。そのためにはシリーズ1、2作目の『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』をきちんと描かないと、次への感動につながりませんからね。今回は、演じてくださった皆さんの芝居がこの社会現象を引き起こしました。この恩は倍にして返します。責任を持って、頭取まで描いていきたいと希望しています(笑)。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.