インタビュー(大阪西支店)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

黒崎駿一・片岡愛之助さんのインタビュー(大阪西支店)

演じられている、黒崎という人はどういう人だと思われますか?
ぼくの演じる黒崎は、悪の根源という訳ではありませんが、いやらしいというか粘着質です。あのおネエ口調のキャラクターがどこからきたのかは謎ですけれど、演じるにあたり、ぼくが研究した中では、こういうタイプの人はいろんなことにものすごく細かいですね。このドラマでは、そういうことがなるほどと思うくらい描かれています。いろんな人物を参考にして作っているので、特定の誰かというわけではありませんよ(笑)。
演じていると、どこまでやっていいのか限度がわからなくなって、「そんなにやりすぎないでいいです」と言われてしまっています。細かいバランスは監督のジャイさん(=福澤監督の愛称)が見て下さっているので、そこはお任せしています。
まさかのキャラクターですが、ご自身にキャスティングされたと言うことについてはどう思われました?

どうなんでしょう(笑)。最初は、監督のジャイさんに電話をもらったんです。ジャイさんとは以前2回ほど仕事をさせてもらったことがあるんですけれど、本当に久しぶりで「実はドラマを撮るんですけど」と言われたのですが、ぼくは来年再来年まで仕事が詰まっているから、絶対無理だと思ったんです。でもうまい具合にあけられそうになってから、作品や役柄について聞いて、原作を読んでみたら、なるほどこれはいいキャラだなと思いましたね。
ぼくは2枚目とか王子様的な役より、こういう役をしたかったので楽しいです。喜んで務めさせていただいています。
何より、ジャイさんともう一度お仕事できるということがすごく嬉しいです。スケジュールに関しても、きっと神様が「この仕事しなさい」って、うまい具合に空けてくださったんですね。
黒崎は悪人ではないけれども、半沢の側からみると…
半沢側から見ると、「なんてことしてくれるんだ!」という感じですよね。国税のやり方なのか、この人のやり方なのかはわからないけれども、手段を選ばない人なんでしょう。
半沢はお父さんがあんな死に方をしているので、銀行や上に対してああなってしまうのは当然だと思うし、わかる気がします。たぶん視聴者の方も共感して、「なにあのオカマ」と、ぼくのことを大嫌いになると思いますね(笑)。
堺さんと演じる半沢さんと、実際対峙してみていかがでしたか?

黒崎は、仕事はキッチリしている人です。黒崎から見れば半沢は邪魔者で「また余計なことして」、という気持ちが常々あるのですが、半沢も黒崎も、立場が違うだけで向いている方向は一緒だと思うんです。そういう意味で、堺さんは今回初めてご一緒するんですけれど、本当にどこからみても半沢という感じで、すごくやりやすいです。でも、ちょっとの待ち時間にお話したりすると面白くて、優しい方ですね。向き合うシーンは火花が散る感じなんですけれど、現場は和気藹々とやらせていただいています。
片岡さんご自身には「やられたらやり返す」という気持ちはありますか?
芝居に関しては、それをバネによりよい芝居をするということでしょうか。ぼくらは一生修行で今も修行の身で、終わりがありません。誰にやられるのかということではなく、自分が「悔しい」と思えばそれをバネにまたいいお芝居をする、さらに精進しなきゃ、と思うでしょうね。
ご覧の皆さまにメッセージをお願いします。
これは連続ドラマですから、ぜひ毎週、習慣として連続してみてください。
いろんな年齢層の方がご覧になっても楽しめるドラマになっていると思います。夫婦であったり親子であったり新婚であったり、敵であったり味方であったり、理不尽なことをされたり、日常「ああわかるわかる」みたいなことがたくさん含まれていますので、これを見ていい家族を築いていただき、そして「来週どうなるのかなあ」と思っていただきたいですし、そうなるようにしたいです。やってらっしゃる方も多いと思うんですけど、Twitterとかでぜひ「半沢直樹」とつぶやいてください。どうぞお願いします。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.