インタビュー(大阪西支店)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

半沢直樹・堺雅人さんのインタビュー(大阪西支店)

台本を読んだ感想を教えてください。
ぼくは会社勤めというのを経験したことがないので、社会で働くということは大変なんだな、皆さん、こんなつらい思いをしてお給料をもらっているんだなと改めて思いました。
最初は「働く人にエールを送れるように」と思っていたのですが、とんでもない、ぼくはそんな言葉を持ち合わせていません。実際に日々働いていらっしゃる皆さんに、見ていただいておかしくないように精一杯演じることしか出来ないなと感じました。
半沢という人はどんな人だと思われますか?
まっすぐでタフな人です。組織の倫理の中で正論が正論でなくなっていっても「それは違うから待ってください」とまっすぐ立ち続けられる人です。どんなに誤解されても地に足をつけて、正しいことを言い続ける力を持つ半沢は素晴らしいなと思います。半沢の言う「やられたら倍返し」というのはタフでなければ言えない言葉で、ぼくにはとても無理ですね(笑)。
大阪でのロケはハードスケジュールでしたが…

舞台が大阪ですので、早く行きたいとずっと思っていました。
実際に土地の空気や雰囲気を味わうことが出来てとても有意義なロケでした。所々で聞こえてくる言葉が関西弁だったり、気軽に声をかけてくださる人情とか、大都会だけれども東京とは違う人の情けの深さを感じましたね。
道頓堀ではたくさんのギャラリーの方が気になるというより、ラーメンや焼肉、その他もろもろの美味しそうな匂いの誘惑に負けつつあって、集中力を保つのが大変でした。
奥さま役・上戸彩さんとの共演はいかがですか?
とても久しぶりですけれど、その時から「いつかこうやって共演する日が来るんだろうな」と思っていたので、今回ご一緒できるのはとても嬉しいです。
お金のことばかりで、心をどこかに置いてきてしまうような仕事になってしまったとき、生身の人間が生身で怒ってぶつかってくるというのは、半沢にとって救いだと思います。怒られてばかりですが、とにかく上戸さんがかわいらしくて、半沢にとって激辛の癒しです(笑)。二人のシーンは、言われっぱなしなので全権を委ねる気持ちで臨んでいます。
全体に男くさい現場なので、上戸さんの出演シーンをスタッフは心待ちにしています(笑)。
ほかの共演者の皆さまとはいかがですか?
渡真利、近藤との同期3人は、演じていてとてもリズムが合います。三者三様の間があって、アンサンブルがとても心地いいです。支店の部下や家で見せる顔とはまた違う、リラックスした気の置けない会話をすることが出来るというのは、ありがたい存在なんだと思いますね。
壇蜜さんとは初めてご一緒しますが、とても素敵な芝居をなさいます。前半のキーとなる女性で、ミステリアスさと人間的な熱さを持つ役ですので注目してください。道頓堀のど真ん中という、非常に集中力を要求される場所での撮影を共に戦った戦友という感じが今ではしています。
片岡愛之助さんの演じられる黒崎は強烈なキャラクターです(笑)。おネエキャラなんですが、歌舞伎の方がやると品がありますね。
銀行の内でも外でも、半沢は戦っていますね。

戦うということは、怖さと表裏一体だと思います。怖いから戦うんです。
現代劇なんですけれど、まるで時代劇の真剣での立ち回りを演じているような心持ちでいます。丁々発止のやり取りとか、お互いに刀を抜きあって間合いを計っているような緊迫感がそれぞれの共演者にありますね。お金が絡むと、どうしても人は本気になって、いろんな想いがそこに出ます。それぞれの戦いの本気度といいますか、重要さ、切羽詰った感じというのは演じていてすごく楽しいです。追い詰められていくというのは、半沢というキャラクターとしては大変なことなんですけれど、そういう緊迫感の中に身をおくというのは演じる側としては非常な喜びですし、置かれた状況が困難であればあるほど、その戦いの姿というのは強烈なものだと思います。抜き身の刀で戦っている緊迫感、皆さん、見えない刀で戦っているんだなという想いは、この作品をやらせていただくことで想いを新たにしています。
ご覧の皆さまにメッセージをお願いします。
社会人とか学生とか関係なく、今、自分の守る場所があって、その居場所を必死に守っている方には共感できる部分が必ずあります。「そうなんだよな、でもそれが言えないから苦労しているんだよ。」と思われるでしょうが、ふだん言えない上司への文句を、皆さんの代わりに言っていますので、どうか見てスッキリして月曜からの糧にしてください。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.