インタビュー(東京本部)

日曜劇場『半沢直樹』/TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」公式サイトです。2013年7月7日(日)スタート!日曜よる9時〜放送。型破りのバンカー、半沢直樹伝説の始まりだ!

メニュー

スペシャルコンテンツ

SNS

羽根夏子・倍賞美津子さんのインタビュー(東京本部)

第6話からのご出演ですが、現場に入られてみた感想を聞かせてください。
みなさんは前半をやってきていらっしゃいますが、途中からのわたしは緊張していました。半沢さんとロビーで向き合うというシーンで、ロケだったんですけれどものすごく暑くて、二人とも汗びっしょりでした(笑)。
スタッフの方とも初めて会いますし、チームとして出来ているところに入っていくときというのは、長くやっているから緊張しない、というものでもないんですよね。
演じられる羽根専務という方は、どういう方でしょうか?共感できる部分などはありますか?
私は羽根専務のようにはしぶとくありません。この人はきっとずっとこのホテルのために仕えてきたんでしょう。「あたしがあたしが」って、「個」で動いていて、もうこの会社のことしか見えなくて、ほかの方法を見るということがなかなか出来なくなっているのではないかと思います。「これだけやってきたじゃない!私が」この人はそういうところがあるんでしょうね。
きっとホテルのことが大事なんでしょうね。

そこは絶対、根っこにあると思います。勤めている伊勢島ホテルのことが大好きで、青春(人生)を全部ささげてきているんだと思います。この人にとって伊勢島ホテルは子どもであって、恋人であって、亭主でもあるんじゃないでしょうか。
だから自分も経験を積んで、老いてくる中で、若くして社長を継いだ湯浅さんがいろんなことを考えてやっていても、経験の浅さから見えてなかったりすることというのはあると思うんですよ。それを見て「それはやっているうちに入っていない」という考えは彼女の中ではあるんでしょう。そうすると羽根専務の中では反発的な言い方になるんでしょうね。
同族でやっているのをみているとワンマンになるのは確かだと思います。どこかで違うものが入ってくるのは、また考えが変わるからいいと思いますよ。もっとも私は企業家という存在は全然わからないですし、興味もありませんけどね(笑)。
半沢さん演じる堺雅人さんについてはいかがですか?
普段とても温和で穏やかな方で、どちらかというとぽわ〜んとした印象の方ですけれど、半沢さんという役に、とてもぴったり合っていると思います。でも、セリフの量が多くて大変ですよね。すごいですよ、ビックリしますし、尊敬します。
特に金融関係の言葉は銀行が舞台のドラマでない限りなかなか出てこない単語ですし、普通の企業でもそういう専門用語みたいなのはわからないんです。わたしも言い馴れない言葉が多くて四苦八苦しています(笑)。
半沢さんはお父さんとの関係が今の力になっている人ですが…
やられたことは、後になってから力になるんですよね。小さいときから「思っている」と言うことは、それが力になって成長していく、エネルギーになるからすごくいいと思います。私も子どものときに、田舎から東京に出てきたというだけで「いなかっぺいなかっぺ」と言われたのは、すごく残っています。でもそういうものが、どこかで自分のエネルギーになりますよね。
倍賞さんご自身はやられたら倍返し、みたいなところはありますか?

わたしのテリトリーに入ってきて、私に害を与えたら返します(笑)。自分の許す範囲の幅はそれぞれあると思うんですけど、どうしても理に合わないことというのはいっぱいあって、私に当たってくるものは跳ね返す、そういうところはありますね。でもそれ以外は、しつこくいつまでも覚えていないです。
後半に向けて、ご覧になっているみなさまにメッセージをお願いします。
狙ってもできないこともありますけれど、このドラマはまわりが求めているものとピタッと合った、それがムーブになったのではないかと思います。時代のちょっとした流れに合った、なにかがあるんでしょうね。皆さん、自分の何かに通じると思いながら見てくださっていると思いますが、この暑い時期の、ムシムシとする気分の悪いときに、半沢さんを見ていればスカッとするはずです。この先もずっと見てください。

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.