『「余命1ヶ月の花嫁」乳がん検診キャラバン』



最新情報

TBSの回答に対するご返答


キャラバンへの要望書に対するTBSの回答


キャラバンの内容見直しを求める要望書・質問状


御礼&お知らせ

10月4日に映画「余命1ヶ月の花嫁」をTBS系列で放送したところ、改めて多くの方々から温かいメール等をいただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
また、映画の最後にご案内しましたが、「余命1ヶ月の花嫁」に関する様々なプロジェクトはこの秋をもって終了することをお知らせいたします。
2007年4月に長島千恵さんの取材を開始して以来、ドキュメンタリー、書籍、映画、舞台、検診キャラバン、シンポジウム、パネル展、と様々な形で千恵さんのメッセージを発信し、多くの方に乳がんの早期発見の重要性や、命の大切さなどを伝えることができたと思っています。
「ずっと活動を続けていってほしい」との声も多数寄せられているのですが、千恵さんのご親族を始めとした関係者らとの話し合いの中で、当初より「2010年の秋まで」という活動目標を定めていました。
気がつけばあっと言う間についにその時期を迎え、10月9日の愛媛での第53回検診キャラバンをもって終了いたします。
みなさまのこれまでのご支援に感謝しながら、最後のキャラバンでも千恵さんの大切なメッセージを伝えたいと思います。

またTBSでは、今後もピンクリボンプロジェクトを通じて”いのち”の大切さを伝え続けていきます。

スタッフより

「乳がんは本当に早いうちに防ぐ事が大事。
特に若い人は進行が早い。

『千恵さん』の画像

これは、乳がんのため24歳で亡くなった長島千恵さんが、生前、私たちの取材で語った言葉です。私たちは千恵さんの思いを番組で伝えるだけでなく、実際に若い世代の女性に乳がん検査のきっかけを提供しようと、「余命1ヶ月の花嫁・乳がん検診キャラバン」を2008年3月よりスタートさせました。20代・30代の女性が対象で、書籍の収益の一部で検診費を補助することで、一人1000円で乳がん検査を受けることができます。また、ボランティアの看護師らの協力を得て、様々な年代の方にセルフチェックの方法や定期的な検査の重要性などを伝えています。

2008年は東京、神奈川、福岡など12都県で開催。計3688人の女性に検査を受けていただき、約10人の乳がん発見につながりました。また、映画「余命1ヶ月の花嫁」の公開と連動して、2009年春には全国29カ所でキャラバンを開催。2万人を超える方から申し込みをいただき、抽選で選ばれた計3002人の方に検査を受けていただきました。一連の活動が乳がんの発見につながったこと、また、この活動を通して幅広い年代の方に乳がんの現状や検査の意義について知ってもらえたことは、大きな成果だったのではないかと受け止めています。

千恵さんとの出会いがきっかけで、TBSでは社内に「ピンクリボンプロジェクト」が立ち上がりました。千恵さんが流した涙、千恵さんを囲んだ方々が流した涙と同じ涙を流す人がひとりでも少なくなることを願って、様々な形で啓発活動に取り組んでいきたいと思います。
全41回のキャラバンでご協力いただいたたみなさま。千恵さんのメッセージを受け止めて実際に行動に移してくださったみなさま。様々な形で応援をしてくださったみなさま。親身になって助言・指導をしてくださったみなさま。すべての方にこの場を借りて改めてお礼を申し上げます。

2009年6月   TBS「余命1ヶ月の花嫁」スタッフ一同


キャラバンの現場

乳がん勉強会

2010年はエコー(超音波)による乳がん検査を行います。
検診を受けていただく前に、キャラバンの簡単な歩みや経緯、そして乳がんや乳がん検診についてのメリットやデメリットなども含めて、基礎知識の説明を行っています。またTBSが作った「乳がんとは?」というVTRを見ていただき、検査方法やその得意不得意とすることなどを詳しくお伝えしています。

「キャラバンの現場」画像

番組上映&パネル展

検診の順番を待っていただく間に「余命1ヶ月の花嫁」を見ていただけます。番組のストーリーやキャラバンの歩みなどが入ったパネルの展示も行っています。また、「数字で見る乳がん」と題したパネル展示を行い、日本における乳がんの現状を知ってもらいます。

「キャラバンの現場」画像

看護師による乳がん講習会

ボランティアの看護師が受診者全員を対象に乳がんに関する講習会を実施。乳がんの基礎知識やセルフチェックの方法などを教えます。

「キャラバンの現場」画像

乳がん検査

2010年はエコー(超音波)による乳がん検査を行います。
検診実務は企業検診などを手がける日本医学研究所の技師が行っています。
受付や誘導案内などは長島千恵さんの親族や友人達がボランティアスタッフとして協力してくれています。

「キャラバンの現場」画像

健康相談

仕事や家事、育児など、日頃、お医者さまとゆっくり相談ができない働き盛りの女性世代に向け、女医による「健康相談」ブースを設け、乳がんだけでなく気軽に健康相談ができる体制にしています。

「キャラバンの現場」画像