2018年7月スタート毎週火曜よる10時

インタビュー

佐藤健さん(麦田章役)

この企画の話を聞いて

最初にお話しをいただいたとき、最終回までのプロット(物語の筋書き)も読ませていただいて、ラストまで感動できるお話だと思いました。ぜひ最後まで毎週観ていただきたいです。

原作をお読みになって

4コマ漫画という、普段読んでいるタイプの漫画とは違う形式ではありましたが、物語の軸がしっかりした作品なのでとても感動しました。

森下佳子さんの脚本

原作の中で「私の義母はキャリアウーマンだった」というフレーズが出てくるのですが、それが好きで。
台本を読んだときに、ドラマでも活かされていて嬉しかったです。どの登場人物にも感情移入できるのは、さすが森下さんだなと思いました。

麦田章について

僕が演じる麦田は、毎回毎回職業が変わっている、何だかよくわからない男ですが(笑)。
彼がどういう風に物語に絡んでいくんだろう…と、まずは楽しみに観ていただきたいのが第一です。
最初は麦田の失敗やちょっとしたミスで、登場人物たちに大きな影響を及ぼしていくとこで物語に関わっていきます。
中盤から後半にかけては、さらに物語の本筋に絡んでいくことになりますので、楽しみにしていてください。

綾瀬はるかさんが演じる亜希子の印象

まだドラマの中で亜希子と大きく関わってきていないのですが…。役の印象としては、普段ほんわかした雰囲気の綾瀬はるかさんとは思えないくらいデキル女のオーラが出ていてカッコよかったです。

最後にメッセージをお願いします

このチームでは過去に何作品もご一緒させていただいていますが、どの作品にも変わらず根本にあるテーマは、“人と人との繋がり”や“一生懸命生きる”こと“家族の愛”。今作も今までに向き合ってきたテーマと根本的には変わらないと思っています。個人的には、今までにないような役どころを演じさせて頂くので、やりがいも今までと違います。どうやってドラマにいいスパイスを与えられるか、よりよいドラマになるために自分に何ができるのか、精一杯やらせて頂きますので、最後までお付き合いお願い致します。

インタビュー をシェアする

このページのトップへ