2018年7月スタート毎週火曜よる10時

プロデューサー飯田の「これでも“一生懸命”やっているのですが…」

9月18日 (火) 最終回直前

『 4か月、亜希子さんを生き抜きました 』



あさチャン!」から始まった電波ジャックで、

一番印象に残っている綾瀬さんの言葉です。



一人の女性の人生の、

しかもその10年間を、

しかも初めての母親役

その綾瀬さんの過ごした4か月というのは、

その4か月の努力というのは、

想像をはるかに超えるものと思います。



「亜希子さんに注ぎこんだ愛を、今日是非見てほしい」

そんな力強い言葉だったように思います。

そんな決意の表れだったように思います。

スタッフ・キャスト全員の想いだったようにも思います。



電波ジャックは、

あさチャン!」に始まり、

Nスタ」まで計5番組

最終回前、最後のご挨拶をさせていただきました。

それぞれの出演者の皆さま、スタッフの皆さまが、

とても温かく、迎え入れてくれたことも、とても印象に残っています。

ぎぼむすの関係者のみならず、

色々な皆様に支えられて、最終回を迎えられたのだなと、

改めて感じる瞬間でもありました。

本当にありがとうございました。



・・・



なんだか、最終回前なので、

色々なエピソードを書こうと思っていたのですが、

クランクアップは14日で、

仕上げ作業は今日までかかって、

納品できたのは数時間前で、

ギリギリまでみんな頑張って、

など、書こうと思っていたのですが、

それよりも何よりも、



チームぎぼむす、最終回まで4か月やり切りました。

一生懸命を尽くして尽くして、尽くし切りました。

そんなスタッフ・キャストでお届けする最終回、

奇跡の完結を、よろしければ見届けていただけたらと思います。




以上が、僕の言いたいことでした。

乱文、失礼いたしました。

このページをシェアする

このページのトップへ