過去の放送内容

■メルヘンな立地でがっちり!「なんじゃもんじゃカフェ」!!

2.5等立地の儲かり店。続いてやってきたのは…東京から30分以上かかる横浜市の三ツ沢下町駅。

通山編集長:次の店は、本当にびっくりすると思いますよ。

続いては、全国のお店を取材してきた通山編集長も驚いた儲かり店。どうしても自ら紹介したいということで、またまた登場!果たしてどんな立地なのか?
まずは大通りを左に曲がり住宅街へ。そして階段を上り…さらに小道へ…で、また階段を上って裏道へ…。こんなところにホントに儲かり店があるのか!?

通山編集長:ありました。こちらです。

通山編集長が指差す先には、2012年10月にオープンした木の上のカフェ!その名も「なんじゃもんじゃカフェ」がありました。って、なんじゃそりゃ!

イメージ

手作り感いっぱいの、木の階段を、ギシギシさせながら上がって行くと…既にテラスにはお客さんが。

イメージ

満席です!さらに、屋根裏の席まである!しかも、オープンからわずか30分で行列まで出来ています!

イメージ

人気のヒミツをお客さんに聞いてみると…

お客さん:絵本の世界みたいでいいですね。

そう、乙女心をくすぐるメルヘンな世界が思う存分堪能できる。まさに、2.5等地すぎる立地そのものが、なんじゃもんじゃカフェの人気のヒミツ!とはいえ、なんで、木の上に作ろうと思ったのか?カフェを運営する会社の立花さんに聞いてみると…

立花さん:まず、シェアハウスを作ろうと思ったんです。

そう、立花さんの会社は、シェアハウスの運営がメイン。そこで、この土地を購入したところ、ツリーハウス作りにぴったりといわれるほど頑丈なタブノキが生えていた。だったらツリーハウスを建てて、住人の憩いの場にしようと考えたらしいのですが…

立花さん:いい家ができたので、昼間は一般の方々が来られるカフェにしてみようと思いまして、そのまま2年が経ちました。

電気、水道はシェアハウスからシェアし、厨房は、カフェの隣に設置!中では人気メニューのベーグルフレンチトーストを焼いています。

イメージ

多い時には100人以上が来店する、なんじゃもんじゃカフェ!まさに絶好調!ところが、2015年の1月中頃までお休みに入るのだとか。その理由は?

立花さん:木も成長するので、ひずみや、雨漏りの補修をしなければいけないんです。

まさに木の上に建つカフェ!くれぐれも気をつけて補修してください!

▼スタジオでお話を伺いました。

加藤:虻ちゃんは、木の上のカフェ、女子達が行きたくなる気持ちはわかる?
虻川さん:わかります。でも、もし旦那が木の上に店を出すって言ったら、それは冒険し過ぎだと思います。
加藤:でも1日100人並ぶってすごいね。
虻川さん:たぶんみんな、ブログで、あのお店行ったよって言いたいのもあるのかもしれないですね。
進藤:では森永さん、次に儲かりそうなお店教えてください。
森永さん:それは、ひな野です。高崎、水戸、宇都宮など、郊外を中心に展開しているチェーン店なんですけど、旬の食材を使ったヘルシー料理の食べ放題が売りなんです。
加藤:ほう、女子が好きなワードが満載ですね。虻ちゃんどう?
加藤:いや〜、ヘルシーで食べ放題。私もバイキングという言葉には何度もやられました(笑)。

番組グッズ

がっちりマンデー!!知られざる40社の儲けの秘密

¥1,404(税込)