過去の放送内容

国内シェア90%の商品を生んだ意外なモノとは?

続いてやって来たのは、福井県福井市にある株式会社ジャストコーポレーション!
こちらの会社は、脅威の国内シェア90%!しかもその商品、ほとんどの人が、まず間違いなく一度は手にしたことのあるものなんだとか。では一体、その商品とは何なのでしょうか?
早速、滝波正志社長にお話をお聞きしました。

イメージ

滝波社長:この商品でございます!

そう!ジャストコーポレーションは、レンタルDVDのケースでシェア90%の会社!
実は、このケースを最初に作ったのが、滝波社長なんです!
それは今から30年程前、福井駅前で小さな貸しレコード店を始めた滝波社長。
しばらくすると、レンタルビデオも扱うようになりました。
その頃は、もちろんビデオテープ。お客さんが棚に並んでいる空のケースをレジまで持って行き、店員がカウンター奥のスペースからテープを探して、お客さんに渡すというシステムでした。
空のケースは棚に戻して、貸し出し中の札をつける、なんて作業まであった。
これは面倒くさい!しかし、そんなある日、滝波社長は全てを解決するアイデアを思いついたのです。
そのアイデアが生まれたきっかけが…

滝波社長:ずっと見ておりましたら、大体アダルト系ビデオを借りられるお客様は、パッケージが見えないように、アダルト系ビデオを真ん中にするんです。でもせっかく見えないように持ってきたのにレジで広げられるからあんまり意味がないんです。

そう!エッチなビデオを隠さないでも借りられるように、滝波社長が考えたのがビデオケースだったのです。

イメージ

おかげで、中のテープごとお客さんがレジに持って来てくれるので、レジ奥のテープ倉庫もいらなくなり、棚に空箱が残るから、一目で貸し出し中がわかるようになったのです!
このシステム、DVDやブルーレイに変った今も基本的には同じですが、滝波社長のケースはもちろん進化してる!

イメージ

防犯用のタグを取らないと、開けることができないのはもちろん、そのまま持ってお店を出ようとすると、防犯アラームが鳴るようになっているのです!
さらに、この防犯タグは、まとめて外すことも可能で、7枚を一気に!
なんてことも出来るのです!
そんなジャストコーポレーションのケースは、なんと!国内90%のレンタルビデオ屋さんが使用しているのです。
従業員100人のジャストコーポレーションは、なんと!年間売り上げ50億円とがっちり!

番組グッズ

がっちりマンデー!!知られざる40社の儲けの秘密

¥1,404(税込)

banner_AD