過去の放送内容

無人飛行機でがっちり!?

イメージ

次に向かったのは、愛知県にあるベンチャー企業「PDエアロスペース」。この「PDエアロスペース」で開発されているものとは一体?

社長・緒川さん:本格的に宇宙機を作っていこうと思ってまして。

社長の緒川さんが開発しているのは、全く新しい低コストな宇宙飛行機!しかし失礼ですが、どう見てもそんな会社には見えません…

ところが、緒川さんは宇宙飛行機のスペシャリスト!大学では航空宇宙工学を学び、大手メーカーでは航空機の開発を担当。そして、低コストで高性能な宇宙飛行機を開発すれば必ずビジネスになると現在の会社を設立したんです!
そんな緒川さんにはある儲かり計画があるんだとか!

イメージ

緒川さん:僕がやろうとしているのは“無人で開発すること”なんですよ

そう、人が乗って宇宙に行くものではなく、無人の宇宙飛行機の開発。そこに儲かりのタネがあるんだそうです!そのタネとは…衛星を打ち上げた時の“ある弱点”をカバーできる。というもの。

緒川さん:衛星って打ち上げたら絶対に直せないんですよ。ちょっと壊れたからといって持ってくることは出来ないので。
だから“初期実験”がものすごい大事になってくるんですね。

イメージ

緒川さんが目をつけたのが人工衛星の“初期実験”!1機300億円もするのに「宇宙に打ち上げたら故障してしまった…」なんてことが実は結構よくある話なんだそうです…。
そこに目をつけて、人工衛星の部品を1度宇宙に持って行き、テストするというビジネスを考えたんです!

浅川さん:1回宇宙に弾道で持って行って、宇宙の暴露(過酷な)環境にさらし、プログラムを作動した時にパソコンが動いて、OKだったら「このシステムは正常」というようなテストが出来る。こういう市場が眠ってるんです。

イメージ

宇宙空間に降り注ぐ強烈な太陽エネルギーや、急激な温度変化など、地上では宇宙環境のテストがとても難しいんだとか。しかし、緒川さんが開発する宇宙飛行機なら、ちょっとだけ宇宙空間を通り、テストすることが出来るんです。

イメージ

しかし、そんな宇宙飛行機の開発はまさに命がけ!本当にできそうなんですか?

浅川さん:やります!うちのポリシーは「出来るか出来ないか」ではなくて、「やるかやらないか」なんで!

無人宇宙飛行機の運航目標は3年後の2012年!そして、宇宙旅行が出来る飛行機は2014年と、現在開発は急ピッチで進められているんです!
「PDエアロスペース」は宇宙機で“がっちり”!

番組グッズ

がっちりマンデー!!儲かる秘密

¥1,365(税込)

banner_AD