過去の放送内容

日本人が大好きなカレーライス!
1日に2800万食も食べられています。
当然、カレーショップの業界も抜きつ抜かれつの大激戦かと思いきや、独走状態のすごい会社が!

それは、CoCo壱番屋!
そう、みなさんご存知の“ココイチ”。

他のカレーショップは50店舗以下なのに対して、ココイチはというと…
その数1000店舗を超えるダントツのトップ!
まさに1人勝ち状態なんです。

今回のがっちりマンデーは、独走するカレー王国・CoCo壱番屋の大成功の秘密に迫ります!

放送内容をシェアする

一大カレー王国の意外なスタート

総店舗数、1062店舗!
年商は600億円!
名古屋に本拠地を構える「壱番屋」本社。

この一大カレー王国を築いたのは、こちらのご夫婦。
壱番屋の創業者で特別顧問の宗次徳二さん。
そして現在の会長であり奥様の直美さん。

イメージ

今から30数年前、お二人は勤務先の不動産屋会社で知り合い、昭和47年に結婚。
その2年後、二人は会社を辞めて、名古屋で喫茶店を開きます。
その店で出し始めたのが、奥様お手製のカレーライス。
市販のルーで作ったごく平凡なカレーライス。

しかし、家庭の味がウケたのか、カレーライスを目当てに来るお客さんが急増!
ちょうどその頃、名古屋で流行っていた喫茶店の出前サービス。
この車をフル稼働して出前しなければならないほどの人気ぶり。

イメージ

思い立ったらもう止まらない!
早速ご主人徳二さんは、単身東京へ。
有名カレー店の試食調査に出かけました。

ところが…
「評判の店、老舗の店には、個性的なカレーが多いですね。
でも、やっぱりどなたが食べてもまあまあおいしいっていう、そういう家庭的なカレーが一番いいのかな、とその時確信持ちましたね」

おいしさは「ここが一番や〜」ということで、店名はCoCo壱番屋に決定!
1978年、名古屋郊外で記念すべき第1号店をスタートさせました。

イメージ

しかし、カレー専門店のノウハウなど何もない素人夫婦。
1日の売り上げが数千円という日々が…

しかし、二人にとって素人であることが、成功への最大の武器となるのです。
ココイチを日本一にした素人パワーとはいったい何なのでしょうか?

放送内容をシェアする

番組グッズ

がっちりマンデー!!知られざる40社の儲けの秘密

¥1,404(税込)