過去の放送内容

放送内容をシェアする

ハーゲンダッツ

みなさん、ハーゲンダッツはどこの国の会社かわかりますか?
その発祥地は1961年のニューヨーク。
創始者であるルーベン・マタスが、高級食材の店で売り出したのが始まりなんです。

イメージ

そして、ハーゲンダッツの名前には、甘くない隠れた儲かりの戦略が隠されていました!
実は、「ハーゲンダッツ」とは、ルーベン・マタスが考えた完全なる造語。
「ハーゲンダッツ」の「ハーゲン」は消費者に「おいしい乳製品」を連想させるため、北欧の都市、コペンハーゲンから取ったものなんです。
それに、「ダッツ」という印象深い響きの言葉をつけて売り出したんだとか。
その戦略は大成功!!
ニューヨークで売り出されたハーゲンダッツは瞬く間に全米で大評判になり、ハリウッドのセレブたちが自家用飛行機で買いに来るほどの人気になりました。

日本に初上陸したのは、1984年。東京・青山に一号店がオープンしたのです。

イメージ

開店と同時にそのおいしさは評判となり、連日の大行列!ある種の社会現象ともなりました。
さらに1990年、アイスクリームの輸入規制が緩和され、コンビニ・スーパーなどで販売路線を拡大。
この年、一気に売り上げ100億円を達成し、ついに2003年には売上高400億円を突破しました!

こうしたハーゲンダッツの急成長の理由は、徹底したイメージ戦略にありました!
それまで、アイスクリーム=子供のおやつというのが当たり前だったイメージを、大人のためのアイスクリームというイメージに変えたのが、ハーゲンダッツ最大の戦略なんです!
中でも効果的だったのが、男女が激しく絡み合う、官能的なCM。

イメージ

この戦略が、大人の女性の心をぐっとつかんで大成功したのです。
さすが、アメリカの会社が作ったCMは大胆だな…と思う方も多いと思います。
しかし、ハーゲンダッツのテレビCMは日本が初めて!!
そう、この大胆なCMは日本オリジナルのCMだったのです!
日本でのテレビCMの成功を受けて、今ではヨーロッパを始め各国でCMを流すようになりました。
こうして、大人のアイスクリームというイメージの定着したハーゲンダッツは、高級アイスクリーム市場でシェアトップを獲得!!
85%を超える独走状態になっているんです!

イメージ

ハーゲンダッツ人気の秘密…それはなんといってもおいしさ!
われわれはそのおいしさを探るべく、ハーゲンダッツの工場を直撃しました!
木目調で整えられた美しい壁面は、工場というよりまるで美術館のようなつくり!!

イメージ

ところが、工場内は品質管理最優先ということで取材お断り…ということで、倉庫を見せてもらうことに!

放送内容をシェアする

番組グッズ

がっちりマンデー!!知られざる40社の儲けの秘密

¥1,404(税込)