過去の放送内容

ブービーから大逆転!!いま日本一儲かっている会社とは…?

皆さん、日本一儲かっている会社ってどこだか知っていますか?
実はそれは、松井証券!
松井証券は、日本初のインターネット専門の証券会社。
その経常利益率は、なんと62.4%!
名だたる企業を押さえて、見事トップを獲得!
今日本一儲け上手な会社なのです。

しかし、10年ほど前の松井証券は、業界で万年ブービーという存在。
それを日本一儲け上手な会社に変えたのが、証券業界のゴジラ松井こと松井道夫社長!

社長のこだわりは、日本初!
ネット証券で今や当たり前になっている各種のサービス、その多くは松井社長率いる松井証券が編み出したものだったのです。

イメージ

社員一人あたり3億円を稼ぐ超効率化集団。
その懐具合もよろしいようです…
少数精鋭を目指す松井社長!
人材確保の秘密は、ユニークな入社試験問題にありました!
次々と新たな戦略を繰り出す松井社長。
株の売買金額を300倍にした驚きの経営手腕とは?
「今一番否定しなくてはいけないもの、それは…常識です!」

▼証券業界のゴジラ松井とは…?
早速、松井証券の戦略会議に潜入しました。
松井社長に懸命にプレゼンする社員の皆さん。
ところが松井社長は、「松井が怒ったらどのくらい怖いか、教えてやれよ!!」と逆鱗にふれた様子…。

今では証券業界をリードしていく立場になった松井社長ですが、元々証券業界に入ろうとは思っていなかったといいます。
松井社長は一橋大学経済学部を卒業後、海運業の日本郵船に入社。
そこでの11年間はごく普通のサラリーマン生活を送りました。

1986年に結婚。
これが松井社長の人生を大きく変えることに。
それは、奥様が松井証券の社長・松井武氏の一人娘だったからです。

松井証券に入社することになったのは1987年。
世はバブルの真っ只中。
証券業界は、信じられないくらいの大儲けをしている頃でした。
しかし、当時の松井証券は業界でも下から数えたほうが早く、ブービーが指定席といった感じの会社でした。

そこへ突然のバブル崩壊!
大手証券会社の倒産が相次ぎ、証券業界は生き残りをかけたサバイバルレースに突入したのです。

そんな中、松井社長は業界をあっと驚かせる革命的なサービスを開始しました。
まず手始めにやったのが、日本初、営業マン・ゼロの会社に!
それまでの証券業界は、営業マンが客に直接セールスするのが常識で、営業マンが客を増やしていくものだと信じられていました。
しかし松井社長は、世の中には営業マンの数以上に株に興味のある人がきっといるはずだ、と考えたのです。
そこで、営業マンに頼るスタイルをやめ、その代わり全国紙に松井証券の広告を次々と掲載。
その問い合わせを電話で受け付けることにして、窓口を持たない証券会社として再スタートしたのです。

これが大成功!
バブル崩壊の煽りを受けて、92年、93年と赤字だった松井証券の経常利益は、94年に一気に黒字へと転換したのです。

さらに、松井社長は証券業界を揺るがす革命的なサービスを開始しました。
なんと、日本で初めて店頭株の売買手数料をいきなり半額にすると発表したのです!

イメージ

手数料は証券業界の儲けのタネ。
それを半分に減らすなど、持ってのほか。
大手証券会社から猛反発を受けることに…

しかし、松井社長の狙いは大成功!
午前9時の取引開始と共に、一斉に電話が鳴り出しました。
手数料が安くなったことで顧客が急増。
結果的に手数料収入は以前の2倍以上に増えたのです!

そして、1998年、日本初の本格的なインターネット株取引を開始!
その後も松井社長は、次々と新しい試みに挑戦。
現在のネット証券で行っているサービス、その多くを先駆けてはじめたのは松井証券なのです。

そして2001年、ネット証券としては日本で初めて、東証一部に上場を果たしたのです!
18年前松井社長が入社した当時は1年でやっと1000億円を取引していた松井証券が、今ではたった1日で1000億円を取引するまでに!
およそ300倍の成長を遂げたのです。

イメージ

番組グッズ

がっちりマンデー!!知られざる40社の儲けの秘密

¥1,404(税込)