(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

第1487回
日比谷・帝国ホテル
世界が愛した最上のおもてなし

2018年9月8日 夜9時〜

ミステリーハンター・野々すみ花さんに、
番組でご紹介しきれなかった帝国ホテルでの発見をお聞きしました!

通常は入れない帝国ホテルのVIPルーム

各国の要人などVIPが泊まるためのお部屋に入ることが出来ました。そこは番組でご紹介した、フランク・ロイド・ライトにちなんだ特別な客室です。ベッドルームのほかに居間や書斎、会議が出来るスペースなどもあって、外へ行かずに暮らせるような立派さでした!ただ実際に足を踏み入れると…、家具や壁など部屋そのものがまるで美術館。「どこに座ったらいいでしょうか!?」という感じだったので(笑)、もし泊まれるチャンスがあっても「私は落ち着くかな!?」と思ってしまいました。

(イメージ)

オペレーター室で素敵な声の裏側を発見!

そこは帝国ホテルで唯一、靴を脱いで仕事が行われ、お客様の目には触れない場所でした。そして、たくさんの電話の前で待機されていたのは全員女性。どんな雰囲気かというと、緊張感、切迫感がすごかったです。電話が鳴ると瞬時に受けて、お客様からのどんな要望、質問、クレームにも即座に応えられるんです。対応能力の高さに驚かされました。また何人ものオペレーターの方がいる中に、全体を見守る役の方が2人いて、どこかで少し手間取っている様子を見つけたら、ピッとスイッチを押すんです。するとその会話が聞こえるようになっていて、先輩がさっとアドバイスを出されていました。オペレーターの方にインタビューもしましたが、あまりに隙のない空気に圧倒されてしまって、深く伺うことはできなかったです!

ひとつ不思議に思ったのは、机に鏡が置かれていたこと。理由をお聞きすると、第一声に関わるので、まず鏡で笑顔であるかチェックするためでした。第一声は「ありがとうございます。帝国ホテルでございます」なのですが、以前はオペレーター室に勤務され、今回の取材に同行して下さった広報の方は、その二言を上手に言えるまで3年かかったとか。「ここはこういう抑揚で、これは半音上げて、ここは下げて」と先輩に指導されるそうです。

オペレーター室での第一声は、お客様にとっても、ホテル側にとっても最初の通り道。そこが帝国ホテルであることを声のみで表現されているのは、想像力も必要だと思いますし、本当にプロフェッショナルだと思いました。そんなみなさんの声は素晴らしくきれいで、安心感もあって…。オペレーターを経験された広報の方は、同僚の方曰く、いつどんな電話でも取るのが早いそうです!

(イメージ)

ホテルの華やかな舞台から普段は見られない内部まで発見づくしのレポートに

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2018.9.15(土)

おいでよ!フェロー諸島

ミステリーハンター

鉢嶺 杏奈(はちみね あんな)

ミステリーハンター・鉢嶺杏奈が
番組初取材となる北欧フェロー諸島へ!

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆9月15日更新しました◆

→追加情報はこちら


外部サイトへリンクします

今週のプレゼント

イメージ

フェロー諸島のシープスキン&クリスタルヒトシ君

応募締切:9/22(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

マンガ世界ふしぎ発見!奪われたノーベル賞/書籍

本体価格1,200円
その他商品も販売中!!