(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

第1483回
同時に旅して新発見!
ノスタルジック台湾&沖縄 八重山諸島

2018年8月4日 夜9時〜

イメージ

宮地 眞理子(みやち まりこ)

1978年2月27日生まれ。神奈川県出身。女優として映画、TVドラマ、舞台などに多数出演するほか、CM、雑誌等でも幅広く活躍。趣味はボディボードと映画鑑賞。「映画は本当に大好きですね」との言葉通り、映画雑誌に連載を持っていたこともあり、自身でも「RAILWAYS」('10年)、「誘拐ラプソディー」('10年)に出演。ドラマではTBS「温泉へGO!」('08)にレギュラー出演する。特技は、新日本舞踊、合気道。ミステリーハンターは今回で67回目(スペシャルの回は含まず)。

今回のミステリーハンター・宮地眞理子さんが向かったのは、日本人に人気の旅先ランキング・海外篇第1位の台湾と…、もうひとつ、日本の沖縄 八重山諸島。ちょっと変わった旅をレポートします!

今話題の旅のスタイルを体験?

国境をまたぐ2つの地域を同時に旅する、ボーダーツーリズムです。その旅によって、交流の歴史や新たな発見に繋げようというものだそうですよ。
今回レポートするのは、台湾の基隆(キールン)発着で、沖縄の島々を巡る、最短2泊3日のクルーズ船の旅です。ただ最初は、台湾から沖縄の島々へ行くルートを、ちょっと不思議に思いながら出発しました。

台湾は、日本の統治時代があったとはいえ今も何か近さを感じますし、日本人に対してやさしくしてくれるな、と訪れる度に思います。この旅の起点となった台湾の港町・基隆も日本との関わりを感じられる場所でした。また夜は、今台湾の人々に一番人気という夜市を取材したのですが、そこには台湾ならではの絶品屋台グルメがもう目白押しで(笑)!

(イメージ)

夜はどこか懐かしくワクワクする夜市の様子をレポート!

基隆から沖縄・八重山諸島への船旅は、ビックリするような巨大客船でした!しかも数々のアミューズメント施設の他に、無料のショーが次々行われて、そのショーは「お金を払わなくていいのだろうか!?」と思ってしまうレベル。スタッフみんなが大興奮でした!他にも豪華な食事が旅行代金に含まれているなど、実は、この旅はとてもリーズナブルなところも注目なんです。ただめくるめく体験に、相当お得な料金のことも、初めは不思議だった旅のルートも、すっかり忘れてしまって…!

(イメージ)
(イメージ)

巨大客船に合わせてドレスアップ!したけれど!?

日本の沖縄・八重山諸島に帰国or到着!?

船が着いたのは八重山諸島の玄関口、石垣島です。今度は八重山諸島の豊かな大自然が迎えてくれて、その中でも今世界が注目している、満点の星と巨大な天の川を取材しました!星空がよく見える場所は世界各地にありますが、ここはちょっと違う見え方なんです。私は子供の頃に、夜空で一番見つけやすい北斗七星をよく眺めていましたが、それがもうビックリするくらいガンッと大きく!?「近っ!探さなくていいんだ」という感じですね(笑)。光がきらめくのではなく、バシッとダイレクトに届く、本当にとても不思議な星空です。行くのが大変な砂漠や標高の高い場所ではなく、日本でこんな星空が見られるというのも驚きでした。

(イメージ)

古から美しい星空と密接に生きてきた八重山諸島の人々
星の見え方の他にも、八重山の星空が世界から注目されるある理由が!

(イメージ)

西表島では限られた場所で今しか見られない絶景を紹介!
それはホワホワでチョコレートの香り!

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2018.8.11(土)

今行くべき街 香港・マカオ二都物語

ミステリーハンター

坂本 三佳(さかもと みか)

ミステリーハンター・坂本三佳が
より魅力的な街に進化し続ける香港・マカオへ!

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆8月11日更新しました◆

→追加情報はこちら


外部サイトへリンクします

今週のプレゼント

イメージ

パンダのバッグ
&クリスタルヒトシ君

応募締切:8/18(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

マンガ世界ふしぎ発見!奪われたノーベル賞/書籍

本体価格1,200円
その他商品も販売中!!