(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

第1462回
こんな日本があったのか!
小さな温泉町は世界へ羽ばたく

2018年1月27日 夜9時〜

ボビーさんが向かった、祖谷(いや)温泉はどんなところ?
山奥の秘湯を体験した感想は?

最高です。本当に最高でした!温泉自体もそうですが、ケーブルカーでしか行けないのでドキドキ感や、先に何が待っているのかというワクワク感もありますね。そして辿り着いたら本当に谷底。他に誰もいなかったので大自然を独り占めでした。川の音もせせらぎどころじゃなくて、結構激しいです。また谷底は陽の射す時間が短く、太陽が真上にない時は影になるのですが、薄暗いところに温泉の湯気が立ち上っていて神秘的でした。何も遮るものがない大自然と、神秘的な雰囲気の中に身を置いて無になれるというか…、その景色に自分が溶けていくような感覚を味わいました。

(イメージ)
(イメージ)

祖谷を世界に紹介したアレックスさん(左)の宿泊施設
宿では五感で祖谷を満喫することが出来て、
あえてこの地を訪ねた人への深いもてなしを体験

祖谷のレポートから見えてくるのは秘境の魅力?

賑わった観光地ではなく、人の多くないディープジャパンだからこそ、気持ちや心に余裕を持てるのではないかなと思います。実際、自分も祖谷にいた間はバタバタすることもなく、忙しい日々のプレッシャーもあまり感じずにいました。普段から緩やかな人々の暮らしや気持ちの余裕が、急がなくても良いという祖谷の雰囲気、また人との接し方に現れていたのかもしれません。そして、その中でさらにくつろげる体験、それこそが温泉のリラックス感で、ゆっくりしたい気持ちを引き立てていると思いました。東京など大都会にも温泉はありますし、スーパー銭湯などは楽しくて、軽くリフレッシュすることが出来ます。でも祖谷はそれと違って、深いところまでのディープリフレッシュ!贅沢ですね!

(イメージ)

今回の旅で発見したことは?

私は以前、夫婦で1年かけて24か国を巡る世界一周の旅をしました。旅立つ前は「どこへでも行ってみたい!」という気持ちでしたが、旅をしながら気づいたのは、ひとつの国や町など、小さなエリアでもその全部に行くのは難しいこと。日本国内だけをずっと旅していても、新しい出会いや発見がたくさんあるんです。また観光名所だけを周っても、その国の本当の良さや人のことは分かりません。それを今回の旅であらためて意識して、今後も日本国内の色んな不思議を発見出来たら、という思いになりました。やはり今回は秘境だったからこそ、そこでの暮らしや人の本質が見えたのではないかなと思います。

(イメージ)

祖谷のとある集落で出会った不思議なみなさんと!?

この取材の後、「先日ミステリーハンターをしてきました!」と話すと、たくさんの方から「いいですね!」と言われました。外国人で男性の自分がミステリーハンターになれるとは全く思っていなかったのですが、想像通り楽しい旅のレポートが出来ました!すごく誇りに思います。

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2018.12.8(土)

極北の大自然 ノルウェー

ミステリーハンター

VANRI(ばんり)

ミステリーハンター・VANRIが北極圏へ!

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆12月8日更新しました◆

→追加情報はこちら


外部サイトへリンクします

今週のプレゼント

イメージ

北欧スノーリゾート・サーリセルカ5日間の旅

イメージ

フェルトのルームシューズ
&クリスタルヒトシ君

応募締切:12/15(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

マンガ世界ふしぎ発見!奪われたノーベル賞/書籍

本体価格1,200円
その他商品も販売中!!