(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

第1440回
世界はネコによって作られた
〜人とネコの絆物語〜

2017年7月22日 夜9時〜

イメージ

鉢嶺 杏奈(はちみね あんな)

1989年7月19日生まれ。趣味は散歩、特技はダンス。女優としてテレビ、ラジオ、舞台、CMなどで幅広く活躍中。
9月15日〜11月3日までステージアラウンド東京で上演される劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season風』に出演。
ミステリーハンターは今回で18回目(スペシャルの回は含まず)。

空前のネコブームと言われている日本。次回「世界ふしぎ発見!」ではミステリーハンターの鉢嶺杏奈さんがネコをこよなく愛する人たちがいる場所へ!チャーミングなネコちゃんたちとたくさん触れ合ってきたという鉢嶺さんにお話を伺います。

ネコの楽園として知られる地中海のマルタ
ネコの飼育率が世界一というロシア
空前のネコブーム日本のネコスポットへ!

(イメージ)

ロシアの観光船のネコ船長マトロースくん
何と勤務歴10年!
そして新入り水兵のボースンくん

街を歩けばどこからともなくひょこっとネコが現れたなんてことは、しょっちゅうありますから飼っていなくてもネコは誰にとっても身近な動物だと思います。身近で愛すべき動物と私も思っていたのですが…今回取材で出会った方たちのネコに対する想いを伺う度に、私が猫好きと言うのはおこがましいと感じてしまいました(笑)。

(イメージ)

ネコ好きの人が一度は行ってみたいと願う
地中海に浮かぶネコの楽園マルタ

飼っているネコを家族として愛するというのはわかりますが、いわゆるノラ猫にも並々ならぬ愛情を注いでいて、「アイツはこうなんだ」「彼はこれが大好きなの」とまるで友人や家族を紹介するように馴染みのネコちゃんたちのことを語ってくださるんです。それはどの取材先でも共通していたことでした。ただエサをやっているだけなく、それぞれのネコの特徴をよくご存知で、その個性が愛おしくてたまらないという感じでした。

(イメージ)

ネコたちにストレスを与えないよう
細心の注意を払い撮影を進めるスタッフ

今回の取材では、ネコの魅力を様々な角度から知ることができて本当に楽しかったのですが、撮影はいつもとは違う大変さがありました。たくさんいたネコが急に前触れもなくいなくなってしまったり、面白い仕草をしていても急にしなくなってしまったり、そんな事の繰り返しです。ネコを撮影する時はひたすら待っていましたね。いつもは笑いが絶えない現場なのですが、今回はネコちゃんたちを警戒させないよう、なるべく音は立てず、静かにが鉄則でした(笑)。

(イメージ)

平安時代にも貴族の間でネコブームがあった!
あの有名な作品にもネコが登場

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2017.10.21(土)

モザイクカントリー・カナダ 人々が幸せに暮らす秘密

ミステリーハンター

出水 麻衣(でみず まい)

カナダ誕生の鍵を握っていたのはビーバー!?
様々な文化を持つ人々が手を取り合い暮らすカナダの歴史を
ミステリーハンター・出水麻衣がレポート!

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆10月21日更新しました◆

→追加情報はこちら


今週のプレゼント

イメージ

カナダ建国150周年記念 限定販売のネックレス
&クリスタルヒトシ君

応募締切:10/28(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

マンガ世界ふしぎ発見!いざ、エジプトへ!歴史ミステリーの旅/書籍

本体価格1,200円
その他商品も販売中!!