(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

第1430回
秘境アマゾン 伝説の沸騰する川は存在(あ)った!!

2017年4月15日 夜9時〜

イメージ

鉢嶺 杏奈(はちみね あんな)

1989年7月19日生まれ。趣味は散歩、特技はダンス。女優としてテレビ、ラジオ、舞台、CMなどで幅広く活躍中。ミステリーハンターは今回で17回目(スペシャルの回は含まず)。

次回「世界ふしぎ発見!」の舞台は南米ペルー。世界最大の川アマゾンの広大な流域には、まだ私たちが知らない世界が存在します。ペルー・アマゾン川流域では、上流に不思議な川があると語り継がれていました。現地で‘伝説の川’取材をし、そしてその場所を目指してアマゾン川を遡る旅をしてきたミステリーハンターの鉢嶺杏奈さんにお話を伺いました。

ペルーの人たちも殆ど知らない!?
アマゾン上流にあるという‘伝説の川’

私にとってアマゾンはいつか行ってみたい憧れの場所でした。普段は取材先を調べたり、予備知識を入れない方なんですが、この取材が決まった時に、以前ブラジルのアマゾンを取材した比嘉バービィさん(2015年5月第1356回)に連絡し、「アマゾンどう?」と聞いてしまいました。そして返ってきたのは「ダニがやばい!!」(笑)。でも「そうなんだ!」とむしろテンションが上がり出発までワクワクしていました。

(イメージ)

アマゾンの玄関イキトスの市場で
可愛い女の子とすっかり仲良しの杏奈さん

(イメージ)

市場にはこんなものも!
アマゾンでは食用としてポピュラーなワニ

しかも今回取材をするのは、謎めいた川。取材というより冒険に出かけるような気持ちでした。ところが、ペルーに着いて街の人たちにインタビューしてみると‘伝説の川’のことを知っている人がいないのです。誰に聞いても「知らない」「聞いたことがない」と。でもペルーの人にも殆ど知られていない所へ行くんだと思うとむしろ益々胸が高鳴りましたし、今回番組でそんな秘境をご紹介できることが嬉しいです!

(イメージ)

アメリカで地球物理学を研究するアンドレス・ルゾーさん
彼の祖父はペルー人で幼少の頃から
‘伝説の川’の話をよく聞かされていた

アマゾンの奥地へ!いざ出発!!

私たちは、アマゾンの玄関と言われるイキトスという街から約1000キロくらい上流に遡った所にあるプカルパという町を目指しました。日中は船でずっとアマゾン川をひたすら進み、夜は川沿いの街のホテルに泊まるか、テントを張って寝るという旅です。

(イメージ)

市場で買い揃えた5日分の食料や備品

(イメージ)

天候や川の状態がよければイキトスから
プカルパまで3日で着くという
旅の友となる船は…「かなり年季が入ってました(笑)」(鉢嶺さん)

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2017.5.20(土)

奈良・春日大社とイースター島 神秘のつながり

ミステリーハンター

竹内 海南江

2つの場所から浮かび上がるものとは一体何?
ミステリーハンター・竹内海南江が不思議な旅へ!

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆5月20日更新しました◆

→追加情報はこちら


今週のプレゼント

イメージ

日本酒とミニモアイ
&クリスタルヒトシ君

応募締切:5/27(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

世界ふしぎ発見! 大人の謎解き雑学/書籍

本体価格760円