(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

第1402回
全てが五つ星!!紺碧のアドリア海紀行

2016年7月23日 夜9時〜

ボスニア・ヘルツェゴビナ
世界遺産の街モスタルのホテルとレストラン

(イメージ)

このホテルは博物館も兼ねている

スタッフも泊まったおススメのホテルです。部屋数は12と少なく、ホテルと言うより、邸宅に招かれた感覚でした。番組でもご紹介した石のアーチ橋スタリ・モストのある旧市街から徒歩10分以内にあります。オーナーはこの屋敷を作ったモスタルの有力者の末裔で、スペインを旅したとき、古城がホテルに改造されているのを見て、自分の屋敷もホテルにしようと思いついたそうです。ここではチェックインすると二つの鍵を渡されます。一つは自分の部屋の鍵、もう一つは敷地に入る門扉の鍵。ホテルでは夕食を出していないので宿泊客は近くのレストランで外食することになるのですが、夜は受付がいない時間帯があるので門扉の鍵も渡されるのです。内戦が続いていた国なので、夜の外出は大丈夫?と心配する方もいるでしょう。しかし今回取材したかぎり、治安に関する問題はなく、赤ちゃんを抱いた家族連れが、涼みに夜散歩をしている様子を何度も見たくらいです。

(イメージ)

The Expedia Insider で
2010年世界のベスト5ホテルにも選出

■Muslibegovic House ムスリベゴビッツァ ハウス
住所:Osman Dikica 41,Mostar,Bosnia and Herzegovina

(イメージ)

ホテルが併設されているので宿泊もできる

小川の辺に建つ可愛い雰囲気のレストランです。ボスニアの代表的な料理チェバブチチを撮影させて頂きました。この料理は番組でもご紹介した通り、中近東のケバブがルーツです。とはいうもの中近東と全く同じではなく、ボスニアでかなりローカライズされています。特に薬味はボスニア風。サワークリームとパプリカをペースト状にした2種類の薬味をお好みで付けて食べるとケバブの味わいを深めてくれます。

(イメージ)

比嘉さんが苦手な羊肉でも美味しく頂けたという
ボスニアの伝統料理チェバブチチ

■Kriva Cuprija クリヴァ クプリア
住所:Onešćukova 23,Mostar,Bosnia and Herzegovina

紺碧のアドリア海で獲れた海産物が自慢!
クロアチアのレストラン

(イメージ)

旧市街にあるレストランで、シーフードが有名です。スズキのカルパッチョの撮影をさせて頂きました。日本でカルパッチョと言えば、白身魚の刺身をオリーブオイルなど欧風の味付けをしたものをイメージします。しかし元々は牛肉の刺身のことを指していました。そしてクロアチアで最も人気のカルパッチョは、白身魚でも牛肉でもなく、タコのカルパッチョ。タコは日本人も大好きですから現地へ行かれた時には是非トライしてみてください。

(イメージ)

オレンジやベリーがのったタコのカルパッチョ
日本とは違う美味しさを発見できそうですね!

■Apetit アペティト
住所:Ulica Pavla Subica 5,Split,Croatia

※情報は2016年7月のものです

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2017.7.22(土)

世界はネコによって作られた 〜人とネコの絆物語〜

ミステリーハンター

鉢嶺 杏奈

人はなぜこれほどネコを愛するのか?
ミステリーハンター・鉢嶺杏奈が
ネコと人間の知られざる物語に迫る!

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆7月22日更新しました◆

→追加情報はこちら


今週のプレゼント

イメージ

ロシアのネコのマトリョーシカとマルタの銀細工、ネコのネックレス
&クリスタルヒトシ君

応募締切:7/29(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

マンガ世界ふしぎ発見!いざ、エジプトへ!歴史ミステリーの旅/書籍

本体価格1,200円
その他商品も販売中!!