(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

『30周年直前 ミステリー大挑戦!
世界三大ミュージアム発 最新ナゾ解きの旅スペシャル』
ルーブル美術館発
イエネコのご先祖様!? リビアヤマネコの謎を追え!

2016年1月23日 夜9時〜

フランスのルーブル美術館発の謎を解くために南アフリカ共和国へ向かったミステリーハンターの比嘉バービィさん。私たちにとって最も親しみのある動物のひとつ、ネコにまつわるミステリーをレポートしてくれました。

世界中で飼われているネコの秘密を明らかにした
古代エジプトの秘宝バステトとは?

(イメージ)

ルーブル美術館のネコの女神バステトは
およそ2500年前の古代エジプトでつくられたもの
バステトは家庭の守護神として崇められていた

私が今回取材をしてきたのは、世界中で飼われているイエネコのルーツです。そしてイエネコのルーツと深く関わっているのが、ルーブル美術館のバステトなのです。バステトはとても印象的でした。それほど大きくはないのですが、とてもインパクトがありました。取材を終えた今思い起こしても、あの像はネコのすべての魅力を表現していると感じます。とても愛らしいのですが、惹き込まれてしまうような神秘的で崇高な雰囲気がありました。神様の像は実物をデフォルメしたものが多いですが、バステトはとてもリアルなのです。古代エジプトの人たちは本当にネコを愛し、よく知っていたのだと思いました。

(イメージ)

各国から訪れる観光客に大人気のサファリツアー
繁みにゾウを発見して大興奮!

そしてバステトにはモデルになったリビアヤマネコというネコがいて、 今も数多く生息している南アフリカまで行ってきました。さまざまな野生動物に遭遇できて、毎日が興奮の連続でした。でも肝心のリビアヤマネコにはなかなか会えなかったのです。ですから多くの方にご協力頂いて、やっと遭遇できたときには本当に嬉しかったです。特に夜中に超高感度カメラを通してスラリと長い足を見た時には、おお〜っ!バステト!と感激しました。

(イメージ)

夜行性のリビアヤマネコが活動する瞬間を
捉えるために深夜の撮影を敢行!
闇の中で頼りになるのは超高感度カメラ

アフリカに生息しているリビアヤマネコ、古代エジプトで崇められ愛されていたネコ、そして私たちが日常でよく見るネコとの関係を、DNA解析で分かった結果をもとにレポートしてきました。そして思うのは、今も遥か昔も人がネコに対して感じる想いは同じだなということ。またリビアヤマネコがいかに他のネコとは違う特別なネコだったのかを知り本当に驚きましたし、面白かったです。改めてネコの魅力をたくさん発見できました。実はイヌ好きだった私ですが、取材を終えてネコを飼ってみたいと思い始めました(笑)。

(イメージ)

美しくカッコイイ動物の代名詞チーター
「この後、何度もチーターに触れたことを
思い出しては浸っていました」(比嘉さん)

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2018.2.24(土)

超人 空海 唐留学の謎に迫る!

ミステリーハンター

坂本 三佳(さかもと みか)

数々の超人的逸話を遺し日本史上最高の天才と称される空海
ミステリーハンター・坂本三佳が唐留学時代の謎を探る!

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆2月24日更新しました◆

→追加情報はこちら


外部サイトへリンクします

今週のプレゼント

イメージ

西安の伝統工芸品の切り絵細工
&クリスタルヒトシ君

応募締切:3/3(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

マンガ世界ふしぎ発見!奪われたノーベル賞/書籍

本体価格1,200円
その他商品も販売中!!