(毎週変わるイメージ画像)

(ひとしくん)

バックナンバー

毎週土曜日 よる9:00から放送

バックナンバー

第1266回
春よ来い!知られざるアルプスの熱い冬

2013年03月09日(土) 夜9時〜

アルプスの麓の町に残る
来るべき春を喜ぶ熱き伝統の祭り

今回取材をしたスイスでも比較的小さな町でのお祭りは、人間の原始的な感覚を今に現しているようでとても面白かったです。チェゲッタという仮面を付けた男たちが練り歩くお祭りは、日本のナマハゲにとてもよく似ていますが、南の島のお祭りにも重なります。アジア各地、アフリカ、北米などにも同じようなお祭りがありますよね。

(イメージ)
(イメージ)

秋田のナマハゲそっくりの面

私、日本のナマハゲを生で見たことないのですが、ナマハゲが来るとよく子どもが泣いて回りの大人は笑っているという映像を見ます。でもチェゲッタは大人でも怖いと思いました(笑)。チェゲッタでは女性が狙われて顔に雪をなすりつけられるんです。体も大きく恐ろしい顔をした魔物に狙われるのは、たとえ中に善良な人が入っているとわかっていても怖いんだと実感しました。きっと恐ろしげにふるまうテクニックも伝承されているんでしょうね。
ワラの柱を燃やすホム・シュトロームというお祭りは、まさしく日本のどんど焼き(注:しめ縄、松飾りなどを焼き無病息災を願う新年の祭り)でした。このお祭りは夜行うので、舞い上がる火の粉が夜空に吸い込まれていくようでとてもきれいで思わずうっとり眺めていました。

(イメージ)

柱にワラを巻き付け焚き上げるホム・シュトローム
小さな子どもたちにもちゃんと役割が

これらのお祭りは、厳しい冬よ去れ、春よ来い!という人びとの願いが込められていると言われています。取材中、現地の方に「もう春は近いですね」と声をかけたのですが、実は応えにジェネレーションギャップがあったんです。お年寄りは「そうだね、もうすぐ春だよ」と春を待ち望んでいる感じなのですが、若い世代は「冬の方がきれいだし、スキーもできるし、仕事も少なくて楽しいよ」と(笑)。確かに機密性の高い現代の家は暖かいし、移動手段も整備されているのでそんなに不便はないのかもしれません。また酪農などは春から大変な仕事が多いですからね。なるほどと共感しつつも、お祭りには必ず用意するという伝統のお菓子の作り方を教えてくれたおばあちゃんが印象に残っています。そのおばあちゃん、お菓子を作りながらちょっとこぼれたり、ボウルに残ったりする材料を「もったいないから」とペロッと舐めるんです。その様子はとてもチャーミングなのですが、冬の寒さや食糧不足を忍んだ厳しい時代を生きてこられたんだなと思いました。

(イメージ)

「日本はもちろん世界各国で見られるお祭りと
よく似ているところが興味深かったですね」(諸岡さん)

前回の放送内容

(前回のミステリーハンターイメージ)

2017.10.21(土)

モザイクカントリー・カナダ 人々が幸せに暮らす秘密

ミステリーハンター

出水 麻衣(でみず まい)

カナダ誕生の鍵を握っていたのはビーバー!?
様々な文化を持つ人々が手を取り合い暮らすカナダの歴史を
ミステリーハンター・出水麻衣がレポート!

→オフショットはこちら
→ミステリーハンターインタビューはこちら

◆10月21日更新しました◆

→追加情報はこちら


今週のプレゼント

イメージ

カナダ建国150周年記念 限定販売のネックレス
&クリスタルヒトシ君

応募締切:10/28(土)20:59

※当選は発送をもってかえさせていただきます。

オリジナルグッズ

イメージ

マンガ世界ふしぎ発見!いざ、エジプトへ!歴史ミステリーの旅/書籍

本体価格1,200円
その他商品も販売中!!