banner_AD

放送内容

(2)地球46億年と“わたし”の歴史


太陽系の小さな星屑たちが衝突してひとつの星になった地球。燃えたり凍結したりを繰り返しながら、そこに棲む生きものたちを何回も大量絶滅させました。番組はCGを駆使し、激しい地球の姿と、生きものが力強く復活再生していく歴史を、ドラマチックに描きます。そこに登場するのは、かつての“わたし”。
6500万年前、エベレスト山に匹敵する大きさの彗星が、現在のメキシコのユカタン半島に衝突、恐竜王国を滅亡させました。激しい寒波と酸性雨の中、生き残ったのは、死肉を食べるごく小型の哺乳類でした。これが“わたし”の祖先です。子どもを卵ではなく、お腹の中で成長させてから産むというやりかたも、恐竜から逃げるのに有利だったと考えられています。恐竜から逃れるために、夜ひっそりと草陰で行動していたことが幸いし、恐竜が消えた地球で爆発的に繁栄していきました。

banner_AD
ダイヤモンド社発行「earth code 46億年のプロローグ」300名様にプレゼント!応募受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました

スタッフ

監修

千石正一(自然環境研究センター研究主幹)

共同監修

遠藤秀紀(東京大学総合研究博物館教授)
巽 好幸(海洋研究開発機構プログラムディレクター)
長谷川善和(群馬県立自然史博物館名誉館長)
松田義雄(東京女子医科大学教授)
山極寿一(京都大学理学研究科教授)
(50音順)

参考図書

「earth code 46億年のプロローグ」
編著:GENERATION TIMES
http://www.generationtimes.jp/
発行:ダイヤモンド社
http://mirai-tosyositu.jp/book/earthcode/index.html

制作

TBSテレビ
プロデューサー:戸田郁夫・樋江井彰敏
演出:笠原 啓