池袋ウエストゲートパーク
放送年:2000年4月〜6月
出演者:長瀬智也・加藤あい・窪塚洋介 他
原 作:石田衣良『池袋ウエストゲートパーク』
脚 本:宮藤官九郎
主題歌:Sads『忘却の空』

池袋ウエストゲートパーク・あらすじ
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 

第1回:2000.04.14

あらゆる欲望がゆるやかに時には強烈な嵐のように渦巻く池袋。街を明るく照らすギラギラと輝くネオンの奥にはとぐろを巻く闇−−アンダーグラウンドな世界。
今日も、その闇の中で事件が起こる。
シャワーを浴びる女の首に近付く魔の手…。女は悲鳴を挙げる間も与えられず苦しさに顔を歪めることしかできない。伝言ダイヤルで知り合った男と女のホテルの部屋に戦慄が走る。男の指にじわじわと力が入る。その手付きには手慣れた雰囲気さえ漂い、顔には恍惚の表情さえ浮かべている。
Strangler〜絞殺魔〜事件の幕開けである。
そんな事件がヒタヒタと身近に迫っていることなど知るはずのないマコト(長瀬智也)は、いつも通りマサ(佐藤隆太)のボーリング場で賭けボーリングに励んでいた。そこへ現れたのは“Gボーイズ”のキング、タカシ(窪塚洋介)。マコトはタカシとドーベルマン山井(坂口憲二)との決闘の立ち会いを務めることになったのだが、その決闘の場所は、池袋西口公園「I.W.G.P」。
しかし、かつてはドーベルマンを殺した山井も、もはやタカシの敵ではなかった。ドーベルマンはあっさり“Gボーイズ”のパシリ・山井となってしまったのである。
「I.W.G.P」では、ほんとに様々な出来事が起こる。マコトがヒカル(加藤あい)とリカ(酒井若菜)に出会ったのもここだった。
きっかけは、シュン(山下智久)の描いたイラスト。シュンは、万引きしているのをマコトとマサに見つかってカツアゲされそうになったのになぜかマコトたちから離れない不思議な少年だった。こうして、マコト、マサ、シュン、ヒカル、リカはひとつのチームとなった。チームは自分たち特有のやり方で楽しいことをどんどん貪った。
ボーリング場では、横山(渡辺謙)という男と賭けてBMWを手に入れた。楽しいことは尽きなかった…かのように見えた。
しかし、ちょうど男女のグループ内ではよくそれが起こるように、マコトにヒカル、リカが競うように急接近し、三角関係が築かれ始めた頃、悲劇が訪れた。マコトたちチームにも、池袋の闇は容赦せず襲いかかってきたのである…。


池袋ウエストゲートパーク・あらすじ
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11