青い鳥
放送年:1997年10月〜12月
出演者:豊川悦司・夏川結衣・佐野史郎・永作博美・鈴木杏 他
脚 本:野沢尚
主題歌:globe『Warnderin' Destiny』
備 考:金曜ドラマ

青い鳥・あらすじ
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /10 /11 /12 

第1回:1997.10.10

 柴田理森(豊川悦司)は長野にある寂れた田舎の駅員。訳あって駅長である父・憲史(前田吟)と二人暮らし。地元の食堂の娘、秋本美紀子(永作博美)は理森と幼なじみ。男所帯の食堂におかずを持ってきては理森と軽口を叩き合うが・ひそかに理森に想いを寄せていた。
 ある日、この小さな町に都会的な母親が降り立った。母の町村かほり(夏川結衣)はこの町の権力者・綿貫純一朗(仲谷昇)の息子、広務(佐野史郎)に熱望されて再婚、娘の誌織を連れてこの町で暮らすことになったのだが、慣れない田舎暮らしと、かほりの過去をよく思わない冷たい義父に、息の詰まるような毎日を送っていた。
 誌織は星の好きな少女で、駅での待ち時間で理森と言葉を交わすようになり、「駅長さん」と呼んで理森を慕う。ある日、理森は子供時代の想い出の場所、乙女が原を訪れるが、そこに星を見に誌織がやってきた。流れ星が流れる。「何もお願いがないのは幸せって事でしょ?」という誌織に寂しさを見る理森。この子の母親はどんな人なのか、と興味をもつ。
 いつものように母の迎えを待つ誌織。夕立が降る中、かほりの赤い車が駅に近づく…。


青い鳥・あらすじ
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /10 /11 /12