TBS CSR

CSRニュース 〜震災支援〜

(震災支援)

みんなでつくる復興コンサート2012、3月31日に仙台で開催!

仙台フィルハーモニー管弦楽団
仙台フィルハーモニー管弦楽団

〜 つながる心、つながる力 〜

TBSホールディングス・OTTAVAでは、東日本大震災発生から1年となる、2012年3月に宮城県仙台市で、TBC東北放送、河北新報社とともに、仙台フィルハーモニー管弦楽団 復興コンサートを主催いたします。

大震災直後から、仙台フィルハーモニー管弦楽団は避難所・学校・街角で演奏を続け、OTTAVAでは同楽団を応援して参りました。このコンサートでは、被災された方々に元気になっていただきたい!多くの方々に復興を支える心を持ち続けていただきたい!そんな思いを持つ皆様を強くつなげることを目的に、演奏曲目のリクエストを全国のリスナーからOTTAVA番組内で受け付けます。

そして、このコンサートの収益の一部は「TBS未来への生命募金」を通じて、東日本大震災で被災された、音楽を学ぶ子どもたちの支援に充てられます。

【復興コンサート概要】
■日  時:2012年3月31日(土)14:30開場/15:00開演
■会  場:仙台市青年文化センター コンサートホール

■演  奏:仙台フィルハーモニー管弦楽団
■指揮者 :川瀬賢太郎
■ゲスト :宮本笑里(ヴァイオリン)
■特別協賛:KDDI株式会社
■主  催:OTTAVA、TBC東北放送、河北新報社
■協  力:株式会社東京放送ホールディングス、株式会社ビデオプロモーション

仙台フィルハーモニー管弦楽団

1973年創立。仙台市青年文化センターでの定期演奏会を中心に、年間120公演にわたり東日本エリアを中心に各地で活動を展開。常任指揮者にパスカル・ヴェロ、正指揮者に山下一史、首席客演指揮者に小泉和裕が就任している。2011年3月の東日本大震災により3ヶ月にわたり演奏活動が中止となる中、「音楽の力による復興センター」を立ち上げ、音楽を届けながら絆を紡ぐ活動を展開し続けている。

OTTAVA(オッターヴァ)

TBSホールディングスが運営するインターネットラジオのクラシック音楽専門のコンテンポラリー・クラシック・ラジオ・ステーション。2007年4月開局。繊細な美意識を持つ日本人に響くクラシックを選りすぐり、楽章単位やサビ部分だけをオンエアーするなど、新しいスタイルのクラシック音楽を、美術・文化・映画などのエンターテインメント情報とともに楽しむことが出来る。ライブストリーミングの他、オンデマンドやポッドキャスト配信も行っている。