TBS CSR

CSRニュース 〜環境CSR〜

(環境)

「エコプロ2017」に出展しました

段落終わり

環境とエネルギーの未来を考える「エコプロ2017」(経済産業省、環境省ら後援)へ、今年もTBS・CSR推進部は出展しました。
12月7、8、9日の3日間行われ、課外学習の児童を含め16万7093人という大勢の来場者がありました。
TBS・CSR推進部は、アナウンスセンター、TBSラジオキャスターの協力を得て、各企業のエコな取り組みを特設スタジオと結んでご紹介するコーナーや、クロマキー技術での気象予報士体験をしてもらいました。

TBS特設スタジオに、秋沢淳子、品田亮太、皆川玲奈アナウンサーをそれぞれ各日にMCとして迎え、特別プログラムを制作。各企業のエコな取り組みを、TBSラジオキャスターの巧みなリポートで随時伝えました。スマートテレキャスターというスマートフォンの電波を使う少人数の“エコ”な中継形式で、今年初めて行ったTBS公式ホームページでのライブ配信には、たくさんのアクセス数があり反響を呼びました。

TBSブース内での気象予報士体験コーナーは、地球温暖化の影響からか近年多発するゲリラ豪雨(今年の九州北部豪雨の時)のレーダー画像にクロマキーを使っての合成画面で、気象予報士になりきって予報体験してもらい、身近にせまる温暖化の危機を感じてもらうともに、テレビ画面内での異空間を体験してもらいました。モニターテレビを見ながらのブーブの指し棒での予報士体験は、指し示す左右が逆になって爆笑が起こったり、緑色の布で透明人間になれたりと子供もおとなも驚きの声があふれました。

スタッフ一同、環境やエコ、地球の未来など体験しながら考える3日間となりました。