TBS CSR

CSRニュース 〜環境CSR〜

(環境)

エコ「朝ズバッグ」に応募多数!

番組へのメッセージなどが寄せられたハガキの束
番組へのメッセージなどが寄せられたハガキの束

〜あの「8時またぎ」を再利用、世界にひとつの「紙バッグ」〜

「みのもんたの朝ズバッ!」でお馴染みの、大きな「8時またぎ」ボードを再利用した「紙ぶくろ」。
世界にたった1つしかない、その名も「朝ズバッグ」。

エコへの取り組みのひとつとして、番組内で40名の方へのプレゼント告知したところ、日本全国各地からたくさんの応募を頂きました。応募総数383通。
(当選の発表は、発送をもってかえさせていただきます)

現在、放送で使用した「8時またぎ」ボードは、赤坂・TBS放送センター1Fのロビーに掲示していますが、その後、役目を終えた大きなボードを捨ててしまうのもMOTTAINAIと、「8時またぎ」ボードを使った紙袋を作りました。

流行の言葉を使って表現すると「アップサイクル紙袋」です。

「リサイクル」とは、古紙を再利用してトイレットペーパーになったり、回収したアルミ缶やスチール缶を、また缶として利用するなど、元のモノに戻る、元と同じ使い方をする再生利用のことを意味しています。

それに対し、「アップサイクル」とは、質の向上、つまり不要なものに付加価値をつけて、違った形で再利用するというもの。
手間は多少かかっても、世界にひとつだけのバッグ、という付加価値がついたこの「朝ズバッグ」。

GWに開催した「TBSグリーンウィーク」イベント内でも、この「朝ズバッグ」作りワークショップは大人気でした。

今後もテレビ局ならではの「エコへの取り組み」を進めてまいります。

2つと同じものは存在しない「朝ズバッグ」
2つと同じものは存在しない「朝ズバッグ」
底敷きにも、番組のロゴを施しました
底敷きにも、番組のロゴを施しました