TBS CSR

  • TBS CSR
  • > 社会貢献ニュース
  • > TBSアナウンサーが視覚障がい者向けクリスマス朗読会を実施 〜主催・全盲の大胡田誠弁護士〜

CSRニュース 〜社会貢献〜

(社会貢献)

TBSアナウンサーが視覚障がい者向けクリスマス朗読会を実施 〜主催・全盲の大胡田誠弁護士〜

段落終わり

左端から外山惠理アナウンサー、堀井美香アナウンサー、浦口直樹プロデューサー、向井政生アナウンサー、山内あゆアナウンサー
左端から外山惠理アナウンサー、堀井美香アナウンサー、浦口直樹プロデューサー、向井政生アナウンサー、山内あゆアナウンサー
浦口直樹プロデューサー
浦口直樹プロデューサー

TBSは12月24日(日)に東京都盲人福祉協会(西早稲田)に於いて視覚障がい者向けクリスマス朗読会を実施しました。主催は全盲の大胡田誠弁護士で今回は3回目です。

朗読は外山惠理アナウンサー、堀井美香アナウンサー、向井政生アナウンサー、山内あゆアナウンサー(五十音順)が担当しました。朗読作品は「サンタ・エクスプレス」(重松清)、「クラスメイト」(角田光代)、「サンタクロース」(百田尚樹)、「荒野の果てに」(三浦しをん)の4作品です。
ほのぼのとした家族の物語から、大人のほろ苦いラブストーリー、クリスマスの奇跡を描いた感動作、笑いあり涙ありのSFなど幅広い構成を心がけました。

クリスマス朗読会会場の様子
クリスマス朗読会会場の様子

朗読会の定員は70名でしたが来場者が後を絶たず、開始時刻の14時には120名が参加しました。会場のお客様は「普段はテレビやラジオでしか聞けないアナウンサーの声で話題作を読んでもらえて嬉しいです。アナウンサーは色々な声が出て凄い。今日は最高のイブでした。早くから来場した甲斐がありました。このような取り組みを続けて欲しい。」と感想を頂きました。

感想を述べる全盲・大胡田誠弁護士
感想を述べる全盲・大胡田誠弁護士

浦口直樹プロデューサーは「長めの作品が多く、皆様が退屈しないか不安でしたが、3時間の長丁場でもじっくり楽しんでくれてほっとしました。泣いたり笑ったり、皆様のリアクションが期待以上で皆様からクリスマスプレゼントを頂いたような気分になりました。」と胸を撫で下ろしました。
外山恵理アナウンサーは「最初の読み手だったので緊張しました。皆様の温かい反応が嬉しかったです。」堀井美香アナウンサーは「皆様のリアクションが豊かで感激しました。最後は笑顔が多く見られよかったです。」山内あゆアナウンサーは「長い朗読にも対応できるよう次回はさらに頑張りたいと思います。」向井政生アナウンサーは「担当作品の“荒野の果てに”を下読みした時、ワクワクしました。皆様に楽しんで頂けるよう頑張りました。」とそれぞれ感想を述べました。主催の大胡田誠弁護士は「主催者側ですが、来場の方と一緒にプロの朗読を堪能しました。素敵な贈り物をありがとうございます。」と読み手のアナウンサーひとりひとりと握手し労う姿が印象的でした。

段落終わり

皆様と談笑する外山惠理アナウンサー
皆様と談笑する外山惠理アナウンサー
談笑する堀井美香アナウンサー
談笑する堀井美香アナウンサー
談笑する向井政生アナウンサー
談笑する向井政生アナウンサー