TBS CSR

DigiCon6 ASIA(デジコン・シックス・アジア)

アジアの若いクリエイターを応援!

デジタルコンテンツを手がける若い才能に光をあてようと、TBSが2000年に開始した短編映像のコンテストは、2006年からアジアへと拡大し、日本を含めて12の国・地域が参加するユニークな国際アワード「DigiCon6 ASIA」へと成長しました。

18th DigiCon6 ASIA「Gold - Grand prize」
18th DigiCon6 ASIA「Gold - Grand prize」

TBSは、年に1度、東京で開催する授賞式と交流セミナーに、それぞれの国・地域を代表する優秀作品のクリエイターらを招き、言葉や国境を超えて、映像で相互理解を深める場を提供しています。

規定の15分以内の短編映像に挑む、若きクリエイター達は、お互いに技術を磨き、アジアの映像表現を一層豊かなものにしてくれることでしょう。

また、2017年3月にはカンボジアにおいて、「DigiCon6 ASIA」優秀作品の上映会やアニメーションの技法を紹介する講演を行うなど、TBS社員がアジアの国を訪れ、アジアの次世代クリエイターを育てるお手伝いもしています。

10年を越えたTBSのこうした取り組みは「アジアのコンテンツ・クリエイティビティの増進に貢献した」として、日本ITU協会より「国際協力賞」を授与されました。