TBS CSR

イベント 〜環境CSR〜

(環境)

「エコプロ2016」に出展しました!

18回を迎えるエコプロ2016(経産省、環境省、文科省などが後援、日本経済新聞社主催)に、今年もTBSは出展しました。「地球温暖化対策と環境配慮」と「クリーンエネルギーとスマート社会」の2大テーマの下、各参加企業のエコへの取り組みを生中継で場内放送すると共に、TBSのエコへの取り組み、CSR活動をパネル展示してクイズ形式で紹介しました。クイズの全問正解者には、埋めれば土に戻る環境に優しいフォーク・ナイフ・スプーンをプレゼントしました。

12月8,9,10日の3日間で、都内近郊の小中高生の課外授業での参加者も含め、会場となった江東区の東京ビッグサイトへの来場者は16万7000人を超え、今年も大盛況でした。

各ブースからの中継は、スマートテレキャスターというスマートフォンの電波を利用するエコな中継スタイルを用いました。携帯電話が使える場所ならどこからでも、簡易な機材のみで明瞭な画像・音声をお届けできるもので、リオデジャネイロ五輪でも多用された方式です。

スタジオには佐藤渚ANをはじめとする、伊東楓、日比麻音子、山本恵里伽の3人の新人アナウンサーを日替わりで登場し、各企業ブースからはTBSラジオキャスターの面白くて勉強にもなるリポートが入りました。

30社を超える企業を生中継で紹介した中でも、自動車業界の水素社会、スマート社会への取り組みや、製紙業界などのセルロースナノファイバー(植物由来で環境性の高い)という新素材の活用の仕方などが紹介されました。
環境・エネルギーの総合展示、持続可能な社会作りに向け、各企業の素晴らしい取り組みをご紹介すると共に、スタッフ全員忙しいながらもたくさんのことを学べた3日間でもありました。