TBS CSR

イベント 〜環境CSR〜

(環境)

「エコプロダクツ2012」〜10回目の出展

最終日は吉田明世アナウンサーが楽しく進行!
最終日は吉田明世アナウンサーが楽しく進行!

〜 TBSブースには史上最多の来場者が訪れました 〜

TBSは、12月13日(木)〜15日(土)に東京ビッグサイトで開催された『エコプロダクツ2012』に出展しました。
「エコプロダクツ」は環境に配慮した製品やサービスの普及を目的とした環境総合展示会です。
今年は企業、自治体、NPO、学校等750以上の団体が出展し、来場者は約18万人で国内最大級のエコイベントとして
知られています。TBSは10回目の出展です。
ブースでは、TBSアナウンサーと一緒に環境問題に関するニュースを読んで、エコについて一緒に考える「エコニュースキャスター体験」、TBSの環境活動に関するクイズに答えてもらう「TBSエコクイズラリー」などを実施しました。
TBSブースには2003年の初出展以来史上最多となる約5,000名(3日間)の来場者が訪れました。

段落終わり

チラチラ、カンペ(原稿)を見ながらカメラ目線で!
チラチラ、カンペ(原稿)を見ながらカメラ目線で!
キャスター体験は大型モニターに映し出されます!
キャスター体験は大型モニターに映し出されます!
◆エコニュースキャスター体験

TBSアナウンサーと一緒に環境問題に関するニュースを読む「エコニュースキャスター体験」では、「ブラジルでリオ+20開催」、「北極海の氷が過去最小に」、「フィンランド大使館・ソーラークッカー」、「宮崎県綾町がユネスコエコパークに登録」といった今年に伝えられたニュースを、来場者の皆さんに読んでいただきました。TBSテレビの朝の情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』のセットを模したスタジオで、参加者の皆さんにキャスターになった気分でエコニュースを伝えてもらいました。
お相手は、杉山真也、豊田綾乃、吉田明世の3名のアナウンサー。プロのアナウンサーと一緒にニュース番組を作ると
いうのも、なかなかできない体験ですから、子どもたちにとって思い出になってくれたら嬉しいです。

ニュース番組の仕組みをTBSアナウンサーと一緒に体験するとともに、今年のエコニュースを自分の言葉で伝えることで、地球環境問題をより身近に感じていただくことができたのではないかと思います。

初日担当の杉山真也アナウンサー
初日担当の杉山真也アナウンサー
2日目担当の豊田綾乃アナウンサー
2日目担当の豊田綾乃アナウンサー
エコクイズラリーには史上最多4,030名の参加がありました。
エコクイズラリーには史上最多4,030名の参加がありました。
◆“TBSエコクイズラリー”

TBSが行っている環境活動に関するクイズラリー。
正解者には、工場での裁断によって出てしまう端紙や余剰紙を使用した「BooBo取材手帳」、「古新聞紙から作られた色鉛筆セット」、「TBSオリジナルゴミ袋」等の
TBSのエコグッズをプレゼント!

ロザンの楽しいエコトークに会場は超満員!
ロザンの楽しいエコトークに会場は超満員!
◆TBSラジオ環境番組『今日よりちょっといい、明日を』公開録音!

毎週日曜日5:40頃にTBSラジオで放送中の『今日よりちょっといい、明日を』の公開録音を環境コミュニケーションステージで行いました。
ゲストにお笑いコンビ、ロザンのお二人を迎え「2012年の環境ニュースをチェック」と題して「世界人口70億突破」、「環境省がレッドリスト改訂」などのトピックを振り返りながら、楽しくてためになるトークをお楽しみいただきました。

◆TBSブースは今年もエコ仕様!

TBSブースの一部には、今年も番組美術セットの廃材を再利用。そして、エコニュースキャスター体験をしてくれた来場者の皆さんへのお土産のTBSオリジナルエコグッズは、「みのもんたの朝ズバッ!」の8時またぎボードの紙を再利用した紙製バッグ「朝ズバッグ!」に入れてお渡ししました!
小さなことですが、できることからコツコツやってます!

スタッフがひとつひとつ丁寧に作りました!
スタッフがひとつひとつ丁寧に作りました!
ブースの一部には番組美術セットの廃材を再利用!
ブースの一部には番組美術セットの廃材を再利用!