TBS CSR

イベント 〜環境CSR〜

(環境)

「TBSグリーンウィーク2010」報告

〜古着回収には1トンを超えるご協力〜

TBSでは、みどりの日(5月4日)を“TBSエコの日”とし、「GW(ゴールデンウィーク)こそ、緑や自然と親しむGW(グリーンウィーク)にしよう!」というコンセプトで、エコイベント「TBSグリーンウィーク」を開催しています。
今年は5月3日(月・祝)〜5日(水・祝)までTBS放送センター1階で、“グリーンな生き方をしよう!”をテーマに、【体験して学ぶ】、 【見て学ぶ】、 【捨てずに学ぶ】の3つの柱で、お越しいただいた皆様に、身近なエコを体験していただきました。

【体験して学ぶ】

◆エコニュースキャスター体験
TBS放送センター1階ロビーの特設スタジオで、TBSアナウンサーと一緒に、エコニュースをキャスターとして伝える「エコニュースキャスター体験」を実施。
ニュース番組の仕組みを本職のアナウンサーと一緒に体験するとともに、最新エコニュースを自分の言葉で伝えることで、地球環境問題をより身近に感じていただくことができたのではないかと思います。

◆クロマキー体験
テレビでは、天気予報などで使用されている「クロマキーシステム」を使用して、南極や、草原、砂漠など「地球の大自然」を旅行した気分になってもらいました。
象やライオン、ペンギン、クラゲたちとの記念撮影に、皆さんもノリノリ!
楽しみながら、地球の豊かな自然の大切さを感じてもらえたのではないでしょうか。

◆“朝ズバッグ”作りワークショップ(5月3日開催)
「みのもんたの朝ズバッ!」で使われている、あの「8時またぎボード」の紙を再利用して紙バッグを作るワークショップを実施しました。
皆さん、それぞれの柄で、世界にひとつしかないオリジナルバッグ作りに挑戦していただきました。


◆エコプライワークショップ(5月3日〜5日 開催)
ペットボトルキャップをリサイクルして作られる”エコプライ”を削ってキーホルダーを作るワークショップを開催。
エコプライという板材ができるまでの工程や、ペットボトルキャップを集めることの意義等の説明を受けながら、自分の手で、キーホルダーやミニスツールなどを作ってもらいました。 

◆苔玉作りワークショップ(5月4日開催)
緑に親しむグリーンウィーク、ならではのワークショップです。
苔玉とは、野草や観葉植物の苗木を黒い粘り気のある土で包み、表面に苔を貼り付けて密生させたもののことを言います。
今回は、ステレオレモンライム、テーブルヤシ、レモンバーム、ローマンカモミール、パイナップルミント、イングリッシュスペアミントなどの苗木を使用。
最近は、大人だけでなく子どもさえ、土に触れて遊ぶ機会が減っていると言われてますが、今回ばかりは両手を泥だらけにして、大人も子どもも“みどりのともだち=苔玉”作りに励んでいただきました
(協力:THE GREEN FRIEND PROJECT) 

◆ベランダ野菜作りワークショップ(5月5日開催)
家庭のベランダで簡単に作れる野菜を、プランターで育てるワークショップを実施しました。
栽培方法についても、専門家が詳しくご説明しました。


※今回実施した全てのワークショップで参加費を頂き、全額を「グリーンベルト運動」に寄付させていただきました。
このお金は、アフリカ・ケニアでの植林活動に充てられます。

【見て学ぶ】

◆TBS環境クイズラリー(5月1日〜5日 開催)
テレビ・ラジオで行ってきた環境活動などから問題を出題。展示パネルを見ながら答えていただきました。
全問正解の方には、TBSオリジナル「エコブー地球ゴミ袋」をプレゼントしました!



◆greenbirdトークショー&おそうじ(5月3日 開催)
日頃、TBS社員も参加して街の清掃活動を行っているNPO法人グリーンバード・赤坂チーム主催のトークショー&おそうじイベントを実施。
赤坂チーム・リーダー、TBS秋沢淳子アナウンサーら赤坂チームのスタッフが熱い思いを語った後、参加者みんなで、一ツ木通りとみすじ通りと赤坂通りをおそうじしました。

◆ecoBooと学Boo温暖化講座(5月5日 開催)
お天気キャスターで、気象予報士のTBS小林豊アナウンサーが、地球温暖化のしくみや、二酸化炭素は本当に温かくなりやすいのかなどについて、実験を交えながら、わかりやすくお伝えする講座を開催。LEDと白熱電球の手回し実験では、参加者も一緒に実験に参加。
いかに、LEDがエネルギーが少なくて点灯するのかを、体感して頂きました。

【捨てずに学ぶ】

◆古着回収コーナー(5月1日〜5日開催)協力:東京リサイクル運動市民の会・ナカノ株式会社
期間中、なんと1トンを超える古着を回収させていただきました。(1,171kg) 
両手に大きな袋を抱えて来場される方も多く、おひとりおひとりの思い出の詰まった古着をたくさんご提供いただきました。
これらの古着は、次のオーナーを探すべく、5月8日(土)・9日(日)に、大井競馬場で開催されたフリーマーケットで販売され、その売上は、「“MOTTAINAI”を世界語にしよう!」と呼びかけているノーベル平和賞受賞者で、ケニアの元環境副大臣 ワンガリ・マータイさんのグリーンベルト運動に責任をもって全額寄付し、アフリカでの植林活動に有効に活用させていただきます。
また、フリーマーケットで、販売することができなかった古着はその繊維をリサイクルして手袋を作る等して活用させていただきます。

この他、ペットボトルキャップは約130kg(約52,000個)、ビニール傘は76本を回収させて頂きました。
ペットボトルキャップは「グループMATE」を通じて世界の子どもたちに贈るワクチンの費用に、ビニール傘は社会起業プロジェクトSOL・シブカサを通じて、無料レンタル共用傘として、それぞれ有効活用させて頂きます。

また、「みのもんたの朝ズバッ!」や「ひるおび」など番組でもイベントや回収の告知を放送し、「Nスタ」の「森田さんのとことん天気」コーナーでは、会場より生中継を行いました。


TBSでは今後も、ゴールデンウィークという多くの皆さんが休暇を取りやすく、時間と心に余裕を持ちやすいこの時期に、もっともっと地球環境のことを考えていただくことができるよう、テレビ、ラジオなどのメディアの力を使いながら「グリーンウィーク」キャンペーンを推進していきたいと考えています。